インテリジェントかつ自動運転向けに設計

R-Carプラットフォームは自動運転またはADAS、コネクテッドゲートウェイ、車載インフォテインメント、コクピットおよびダッシュボードなどの幅広い車載アプリケーションに対応します。 自動運転の時代に向けた次世代車載コンピューティング向けに設計されています。このような車は「走るコンピュータ」と呼ばれるようになりました。 無数のLAN接続のMCUがアクチュエータやセンサからデータを取得し、最適な処理で環境に優しい車を作ります。 自動運転、高度なナビゲーションシステム、およびインフォテインメントシステムはさらに快適な運転経験にするだけでなく、最先端の組み込み人工知能技術をベースに画像認識を使った危険回避システムで安全も提供しており、さらに、自動車機能安全規格であるISO26262のASIL Dまでサポートしています。

スケーラブルなR-Carハードウェアプラットフォームと柔軟なソフトウェアプラットフォームは、プレミアムクラスからエントリーレベルまで、あらゆる製品ラインナップをカバーしています。 プラグインは複数のオープンソースソフトウェアで利用できます。

あらゆるセグメントのためのR-Car

R-Car for Every SegmentR-Car V3UR-Car V3MR-Car V3HR-Car H3R-Car M3R-Car E3R-Car D3

R-Carコンソーシアム

パートナーとのコラボレーションにより、統合コックピットのソリューションを追求、創出するための会員制(登録制)メニューです。

製品ラインアップ

   
R-Car H3 自動運転時代の車載コンピューティング・プラットフォームとして、安全運転支援システムに向けて、車載カメラなど各種センサから入力される大量の情報を、リアルタイムかつ正確に処理を行うコンピューティング性能を強化しました。ユーザは障害物の検知やドライバ状態の認識、さらには危険予測や危険回避判断のような複雑な処理を実現することが可能になります。さらに、このような高度なアプリケーションによる安全運転支援システムの実用化を加速させるため、R-Car H3は自動車用機能安全規格ISO26262(ASIL B)に対応しました。
R-Car M3 先行するR-Car H3に対し、さまざまな用途に幅広く活用できるよう、機能・性能の最適化を行いました。ミディアムクラスの車載コンピューティングシステムに最適です。
R-Car E3 大型ディスプレイ搭載のクラスターシステムに最適です。また、クラスターとディスプレイオーディオの統合化システムの実現も可能です。
R-Car D3 フルグラフィクスクラスターシステム向けに開発した製品であるため、高性能なグラフィクス描画とシステムコスト低減の両立が可能です。
R-Car V3M R-Car V3MはRenesas autonomyの第一弾となるフロントカメラ向けSoCで、NCAP安全基準を満たすカメラシステム開発に最適です。高効率な画像認識を実現する画像認識エンジンを搭載し、高度な機能安全をサポート、カメラ一体のインテグレーションによりコスト削減も可能にするISPを搭載しています。
R-Car V3H R-Car V3Hは最先端のComputer Vision向けの最高水準のTOPS/Wattを、ドライバーモニタリングシステムなどの最新のNCAP2020年要件に対応し、NCAP(欧州新車アセスメントプログラム)2025年への移行パスを提供します。
R-Car V3U R-Car V3Uは、R-Car Gen 4アーキテクチャーを駆使した、オープンかつ革新的Renesas autonomyプラットフォームの最新ラインナップです。 このR-Car V3Uは、最大で60TOPS、96,000DMIPSの性能を実現し、エントリー向けNCAPアプリケーションから高レベルの自動運転システムまで1チップでメインプロセッシングを実現します。

ドキュメント&ダウンロード

タイトル language 分類 降順で並び替え 形式 サイズ 日付
その他資料
Automotive Image Brochure 简体中文 カタログ PDF 9.56 MB
Product Scout Automotive System On Chip カタログ PDF 225 KB
Power Management & Timing Solutions for Renesas R-Car パンフレット PDF 307 KB
Renesas R-Car V3H パンフレット PDF 890 KB
Renesas R-Car V3U パンフレット PDF 832 KB