新しいプラットフォームやプロトタイプを作成するにあたり、ADAS開発者は、eCUBEを使うことによって開発者の労力と時間を節約できます。本開発プラットフォームは、机上だけでなくテスト車両に搭載することも可能です。

eVIEW は、Linuxベースのオープン API を使用して、カメラセンサから表示までの一連の動作を実現し、映像フレームを直接取り出すことが可能です。

eVISION は、学習済みのニューラルネットワークライブラリの一例(交通弱者検出)になります。このライブラリは、Renesas V3H Computer Vision ハードウェアアクセラレータ向けに最適化されています。

ビデオeCube の紹介 | 測量カメラサンプルビデオ

特長

  • Renesas V3HSK (V3H1.1)
  • カメラ入力 8系統 GMSL/GMSL2/FPDLINKIII
  • HDMI 出力 1系統 / LVDS 出力 1系統
  • イーサネット Gbps 1系統
  • CAN  2系統、UART  2系統、GPIO  4系統
  • 空冷ヒートシンク付きケース
  • SSD ストレージ
  • 推奨温度範囲: 0°~50°C
  • 電源入力 10.6V~32V DC
  • CR7 用 eVIEW ライブラリ (カメラ入力およびディスプレイ表示)
  • CVE (訓練済みオブジェクト検出器) に移植された eVISION ライブラリ
  • CA53用サンプルアプリケーション

 

 

アプリケーション

ドキュメント&ダウンロード

タイトル language 分類 形式 サイズ 日付
データシート
eCUBE Datasheet データシート PDF 892 KB

ニュース&各種リソース

分類 日付 昇順で並び替え
eCUBE Development Platform 外部リンク 2020年10月22日