~ルネサスの車載用SoC R-Carがユーザエクスペリエンス向上に貢献~

2021年10月26日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役兼CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、ルネサスの車載用SoC(System on Chip)であるR-Carが、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)の次世代マルチメディアシステムに採用されたことを発表します。今回採用されたR-Carは、車載IVI(In Vehicle Infotainment)用のR-Car H3とR-Car M3で、映像や音声などさまざまな車内外の情報を、ドライバの要求に従って快適に安全に提供します。トヨタの次世代マルチメディアシステムは2021年秋頃に発売されるLEXUS「NX」を第一弾として、順次LEXUSとTOYOTAブランドの車に搭載される予定です。

 トヨタの次世代マルチメディアシステムは、大型化/高解像度化した最大14インチワイドタッチディスプレイを採用しています。表示エリアを柔軟に分割、拡大/縮小することができ、先進性と利便性に優れています。音声による高速起動が可能な音声認識機能や、車載専用のサウンドシステム、OTA(Over the Air)によるソフトウェアアップデート機能も備えています。その中において、ルネサスのR-Carは、「地図情報やユーザーが好む各種デバイス(スマートフォン含む)の映像や車載連携アプリを大型ディスプレイへ表示、指でディスプレイに触れるタッチ操作機能、マイク入力による音声認識機能、複数の車載スピーカへの音声出力」を担っています。さらに、R-Carに内蔵されたセキュリティ機能により安全なOTAを実現し、R-Carの高いコンピューティング性能により最先端のコネクテッドサービスの提供を可能にしています。

 マルチメディアシステムの機能は車種により異なるため、ハイエンドのフル機能搭載の車種にはR-Car H3、それ以外ではミドルレンジのR-Car M3が採用されました。R-Carは、チップ間のソフトウェアの継承性に優れているため、幅広い車種に展開する際の開発の効率化に貢献します。また、ルネサスの広範なエコシステムパートナ企業が開発をサポートしました。

 トヨタ自動車株式会社のコネクティッド基盤開発部の部長である小林正人氏は、次のように述べています。「CASE時代において多様化するお客様のニーズに寄り添う、新マルチメディアシステムを開発しました。最先端のシステムを実現するため、性能確保と複雑なソフトウェアの効率的な開発は大きなチャレンジでした。ルネサスのR-Carは車載専用のSoCとして性能も信頼性も高く、エコシステムも充実していたことにより、この革新的なマルチメディアシステムを実現することができました。」

 ルネサスの執行役員兼オートモーティブソリューション事業本部長の片岡 健は次のように述べています。「ルネサスのR-Carが次世代マルチメディアシステムに搭載され、その機能を備えたLEXUSが市場に投入されたことを非常に嬉しく思います。直感的な使いやすさを追求した次世代のコクピットが、今後幅広い車種に展開され、安全で快適な、高いユーザエクスペリエンスを提供するクルマとして世界中に広まることを期待しています。」

以 上

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

この記事をシェアする

この記事をシェアする