image: Hidetoshi Shibata

戦略セグメントにおいて更なる成長を実現し、持続可能な社会の実現に寄与します

代表取締役社長兼CEO
柴田 英利

全てのステークホルダーに信頼されるパートナーとなることで、持続的成長を目指します

当社グループとして、今後とも半導体業界を勝ちぬき利益の拡大を伴う成長と安定的な収益を生み出していくために、①経営資源を自動車やIoT、産業、インフラなどの注力分野に戦略的に集中投下し(オーガニック成長)、②企業買収を含めた戦略的アプローチによりアナログ分野を強化しシナジーを生み出していく(インオーガニック成長)戦略・方向性を継続していきます。これらを推し進め、全てのステークホルダーに信頼されるパートナーとなることで、持続的成長を目指します。

持続可能な社会の実現に向け、先進的な半導体ソリューションを創造することで貢献していきます

近年、地球温暖化、集中豪雨や大規模干ばつなどの異常気象、水資源、エネルギー問題など、地球規模での課題が国際的にも関心を集めています。また、貧富の格差拡大、紛争鉱物問題や人権問題など社会全体で取り組まなければならない課題が山積しています。こうした課題を解決して豊かな未来を迎えるため、当社グループは先進的な半導体ソリューションを創造することで持続可能な社会の実現に貢献してまいります。そのために、設計から廃棄までを見据えて地球環境への影響に配慮した半導体製品を提供し、お客様に安心してご使用いただけるように心がけています。また、半導体製品自体の低消費電力化を推進するとともに、半導体製品によるきめ細かなエネルギー制御機能を実現することで、お客様の機器の省エネルギー性能向上に貢献いたします。さらに、人権、環境問題や紛争鉱物問題に対しての配慮を継続して推進いたします。

人材開発および人材育成を推進して人材価値を高め、企業価値の向上を目指します

今後、当社グループが成長ステージへ飛躍し、安定的な利益成長を遂げるためには、人材育成が重要となってきます。当社グループは従業員教育などの人材育成を継続して実施していくと同時に、社内のコミュニケーション強化・活性化を従来以上に高めていきます。
従業員間のコミュニケーション強化・活性化により組織内の信頼関係を高め、役割の適正化と業務の効率化を進めることによって従業員の一人ひとりが高いモチベーションのもとで自立し、創造力を発揮できるような会社および職場を目指していきます。

よき企業市民として社会貢献を推進し、地域社会との共生を目指します

当社グループがよき企業市民として地域社会の方々から親しみをもって頂くためには、地域社会の方々のニーズを的確に把握して、しっかりと応えることが重要だと考えます。
ルネサス エレクトロニクスグループは、世界の各地域で社会貢献活動に取り組んでいます。今後もよき企業市民として、地域社会の方々の声に耳を傾け、地域社会から親しまれ、共生する会社を目指していきます。