RFシンセサイザは内部PLLによって単一の周波数から広い範囲の周波数を生成します。 出力周波数はSPI インターフェースを介してデバイスのデジタルレジスタにアクセスして制御されます。 出力周波数は入力信号に対する分数比(フラクショナル)または整数比によって生成されます。

ルネサスは高性能のミキサー、変調器、復調器向けの高品質な基準周波数生成に対応する、極めて低い位相ノイズ、低スプリアスRFシンセサイザをお客様のRF設計に提供します。また、 RFシンセサイザは基準クロックを高速RFコンバータ(ADC/DAC)に直接提供するためにも使用されます。 出力周波数の範囲は低いMHzから18GHzになっています。

これらのRFシンセサイザは広いチューニングレンジを備えた内蔵電圧制御発振器(VCO)が特長で、マルチバンドの局部発振器(LO)周波数合成が可能で、複数の狭帯域RFシンセサイザを使い分ける必要性を減らします。 これにより部品点数と設計の複雑さが軽減され、無線周波数製品の開発コスト低減に貢献します。ルネサスのRFシンセサイザは、RF基板設計における高性能ミキサーや復調器向けの基準周波数生成の課題に対応するソリューションを提供します。

ダウンロード: RF Timing Family Product Overview (PDF)

descriptionドキュメント

タイトル language 分類 形式 サイズ 日付 降順で並び替え
ユーザーガイド、マニュアル
RF Product Selection Guide ガイド PDF 1015 KB
その他資料
RF Timing Family Product Overview 概要 PDF 331 KB

printニュース&各種リソース