概要

Description

R-Car H3eは、車両に搭載された各種センサーからの膨大な情報を処理できるよう、ハイエンドのコンピューティング性能を実現した車載向けSOCです。車載情報システムや統合コックピットなどのアプリケーションへ適用できると共に、自動車用機能安全規格ISO 26262 (ASIL-B)に対応し、セキュリティ機能を強化しています。R-Car H3eでは、2GHz動作をサポートした製品 (H3e-2G)を追加し、ハードウェアやソフトウェアの互換性を保ちながら、性能を向上させています。

特長

  • 自動車用機能安全規格ISO26262(ASIL-B)に対応
  • アーキテクチャを刷新し車載情報システム向けSoCとして最高レベルの性能を実現
  • 既存製品との互換性によるエコシステム活用、R-Carコンソーシアム 180社以上のパートナと連携

アプリケーション

アプリケーション

  • 車載情報システム
  • 統合コックピット

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF40.63 MB
マニュアル-ハードウェア
PDF1.55 MB
アプリケーションノート
PDF574 KB
アプリケーションノート
PDF792 KB
アプリケーションノート
PDF2.88 MB
アプリケーションノート
PDF1.17 MB
アプリケーションノート
PDF948 KB
アプリケーションノート
PDF505 KB
アプリケーションノート
PDF483 KB
アプリケーションノート
PDF713 KB
アプリケーションノート
PDF725 KB
アプリケーションノート
PDF871 KB
アプリケーションノート
PDF921 KB
アプリケーションノート
PDF305 KB
アプリケーションノート
PDF4.71 MB
アプリケーションノート
PDF3.26 MB
アプリケーションノート
PDF530 KB
アプリケーションノート
PDF525 KB
アプリケーションノート
PDF423 KB
アプリケーションノート
PDF2.07 MB
アプリケーションノート
PDF685 KB
アプリケーションノート
PDF299 KB
アプリケーションノート
PDF966 KB
アプリケーションノート
PDF2.12 MB
アプリケーションノート
PDF1000 KB
マニュアル-開発ツール
PDF492 KB
マニュアル-ハードウェア
PDF13.71 MB
マニュアル-ハードウェア
PDF1.27 MB
マニュアル-ハードウェア

設計・開発

ソフトウェア/ツール

ソフトウェア/ツール

コネクテッドカー向けアプリケーション配信管理システム AosEdge Platformコネクテッドカーの新たなUX(ユーザーエクスペリエンス)を提供するソフトウェアを配信・運用できるV2C(Vehicle to Cloud)プラットフォーム「AosEdge」 Software Package EPAM Systems, Inc.

ソフトウェアダウンロード

タイトル 分類 日付
ZIP164.03 MB
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
ZIP125.62 MB
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
ZIP127.91 MB
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア
ZIP120.20 MB
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア

ボード&キット

ボード&キット

モデル

製品仕様

項 目 R-Car H3e(-2G) 仕様
製品名 (型名) R-Car H3e (R8A779M0)
R-Car H3e-2G (R8A779M1)
電源電圧 3.3/1.8 V(IO), 1.1V(LPDDR4), 0.8V(core), 2.5V(EthernetAVB)
CPUコア Arm®Cortex®-A57
Quad
Arm®Cortex®-A53
Quad
Arm®Cortex®-R7
Dual Lock-Step対応
キャッシュ
メモリ
L1命令キャッシュ:48Kバイト
L1データキャッシュ:32Kバイト
L2キャッシュ:2Mバイト
L1命令キャッシュ:32Kバイト
L1データキャッシュ:32Kバイト
L2キャッシュ:512kバイト
L1命令キャッシュ:32Kバイト
L1データキャッシュ:32Kバイト
外部メモリ
  • DDR専用バスにLPDDR4-SDRAMを接続可能
  • 最大動作周波数: 1600MHz
  • データバス幅: 32ビット × 4チャネル (12.8GB/s × 4チャネル)
外部拡張
  • PCIエクスプレス2.0 (1レーン) x 2チャネル
3Dグラフィクス
  • IMG PowerVR Series6XT GX6650
ビデオ機能
  • ビデオ表示インタフェースx 4チャネル
  • ビデオ入力インタフェースx 12チャネル
  • ビデオcodecモジュール(H.265、H.264/AVC、MPEG-4、VC-1等)
  • I/P変換モジュール
  • TS インタフェース x 2チャネル
  • ストリームプロセッサ
  • ビデオ画像処理機能 (リサイズ、ダイナミックガンマ補正、色空間変換、超解像、回転、Lossy圧縮、可逆データ伸張)
  • 歪み補正モジュール x 4チャネル(IMR-LSX4)
オーディオ
機能
  • オーディオDSP
  • サンプリングレート変換 × 10チャネル
  • サウンドシリアルインタフェース × 10チャネル
  • MOST DTCP暗号対応
ストレージ
インタフェース
  • USB 3.0 ホストインタフェース(DRD対応) x 1ポート(wPHY)
  • USB 2.0 ホスト/ファンクション/OTGインタフェース x 4ポート(wPHY)
  • SDホストインタフェースx 4チャネル(SDR104対応)
  • マルチメディアカードインタフェース × 2チャネル
  • Serial ATAインタフェース × 1チャネル
車載
インタフェース
  • メディアローカルバス(MLB)インタフェース x 1チャネル(3線式)
  • コントローラエリアネットワークインタフェース(CAN-FD対応)× 2チャネル
  • Ethernet AVB 1.0対応MAC内蔵
    インタフェース:RGMII
    Ethernet AVB (802.1BA)
    • IEEE802.1BA
    • IEEE802.1AS
    • IEEE802.1Qav
    • IEEE1722
暗号処理部
  • 暗号処理エンジン(AES、DES、ハッシュ関数、RSA)x 2チャンネル
  • SystemRAM
その他周辺機能
  • SYS-DMAC x48チャネル、Realtime-DMAC x16チャネル
    Audio-DMACx32チャネル、Audio(周辺)-DMAC x29チャネル
  • 32bitタイマ x26チャネル
  • PWMタイマ × 7チャネル
  • I2C バスインタフェース × 7 チャネル
  • シリアルコミュニケーションインタフェース(SCIF) × 11チャネル
  • クワッド・シリアルペリフェラルインタフェース(QSPI) x 2チャネル(HyperFlash対応)
  • クロック同期シリアルインタフェース(MSIOF) × 4チャネル(SPI/IISサポート)
  • Ethernetコントローラ (IEEE802.3uに準拠したMAC内蔵、RGMIIインタフェース、PHYデバイスと接続可能)
  • デジタルラジオインターフェース(DRIF) x 4チャネル
  • 割り込みコントローラ(INTC)
  • クロック発振器(CPG): PLL 内蔵
  • オンチップデバッグ機能
低消費電力
モード
  • モジュール電源遮断機能
  • AVS(Adaptive Voltage Scaling)機能、DVFS(Dynamic Voltage and Frequency Scaling)機能 及びDDR-SDRAM 電源バックアップモードをサポート
パッケージ 1384 ピン FCBGA 0.5mmピッチ (21mm × 21mm)
開発環境 ベンダ各社が提供しているArm対応ICEが使用可能
評価ボード 以下の特長をもつリファレンスプラットフォームを準備しています
(1) 車載情報機器向けの周辺回路を搭載し、ユーザシステムの実機検証環境を実現
(2) アプリケーションソフト等のソフトウェア開発ツールとして使用可能
(3) ユーザによるオリジナル機能の追加が可能
ソフトウェア
プラットフォーム
  • 対応OS:Linux、Android、QNX® Neutrino® RTOS、Green Hills INTEGRITY® RTOS and MultivisorTM
  • OpenGL ES3.1に対応したグラフィックスライブラリ、OpenMAX IL I/Fに対応したH.265、H.264、MPEG-4、VC-1ビデオコーデックライブラリ、OS標準のAPIに対応したBSPを準備しており、トータルシステム へのソフトウェアソリューションを提供します
  • Arm、CortexはArm Limitedの登録商標または商標です。
  • PowerVRはImagination Technologies Limitedの登録商標または商標です。
  • CAN(Controller Area Network):独Robert Bosch GmbHが提唱している車載用のネットワーク仕様です。
  • Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • QNX、Neutrinoは、QNX Software Systems GmbH & Co. KG の商標または特定地域では登録商標であり、 QNX Software Systems Co の許諾のもと使用されます。