Skkynet Embedded Toolkit(ETK)は、パブリッシュ・サブスクライブ・モデルを使用してリモート・サーバーにデバイス・データを送信することにより、世界中のどこからでもデバイスとそのデータにアクセスできます。このツールキットは、OPCサーバとクライアント、およびModbusスレーブ、ODBCデータベース、Excel、およびカスタム.NETプログラムに接続するための業界有数のミドルウェア製品であるCogentDataHub®への接続を可能にします。また、CogentDataHub®はWebベースのHMIを提供し、OPCネットワーキング、ブリッジング、冗長性、SMS、電子メール通知をサポートしています。

このシステムでは、SkkyHub™とDataHub®に接続するだけで、VPNやITポリシーの変更が不要になります。ヘルスケア、自動車、石油・ガス、HVAC、産業オートメーションなどの業界のアプリケーションに最適です。

Skkynet - Datahub

Synergy Download

Skkynet Embedded Toolkit

1.1.3

Current Public Release

発売日:2017-01-25

MCUs Supported: S7G2

MD5: 9a11395d1801a1b8e074a3b1eb448879

What's New?

  • SSP 1.1.3をサポートしました。
  • DK-S7G2ボードを使用したクイックスタートデモプロジェクト

  • e2 StudioSynergy Configuratorを使用したインテグレーションの改善を実施しました。
  • Installation Instructions

  • e2 Studio SSP をインストールしてください。
  • Skkynet Embedded Toolkitをダウンロード・解凍し、インストーラ「SkkynetEtk-1.1.3-161220.exe」を実行してください。 インストールパスを求められたら、e2 Studioをインストールしているトップレベルのフォルダを指定してください。
  • e2 Studio を再起動してください。