ルネサスのデジタルアイソレータは、独立した絶縁型電源設計、および絶縁型シリアル通信インタフェースの設計を支援します。 衛星市場では、高信頼性のアイソレータ製品に、非常に高いニーズがあります。 これらのアイソレータは耐放射線特性アプリケーションで入手可能な最高のデータレートのアイソレータです。 その絶縁障壁は巨大磁気抵抗(GMR)テクノロジを使って製造され、優れた絶縁と耐放射線特性、低い動的電流消費を提供します。トランスベースのアイソレータテクノロジとは異なり、EMIの問題はありません。また、GMRはオプトカプラの光が放射線で、時間がたつにつれて「より灰色」になり曇りの影響を受けやすいためオプトカプラベースのアイソレータより優れています。

ISL71610SLHMおよびISL71710SLHMは宇宙市場の顧客に対してこの絶縁機能を提供し、85°Cで最大600V RMSを実現します。 電気仕様は -55°C~+125°Cの温度範囲に特化されています。 これらの製品はイオン化線量合計(TID)の放射性能は75krad(Si)までと特化されています。 ISL71610SLHMとISL71710SLHMの両者とも、シングルイベント効果(SEE)がLET 86MeV•cm2/mgまでと特化されています。 ISL71610SLHMとISL71710SLHMもQML-V製品のようなフローを受け、そのスクリーニングの業界標準に従います。 これらの製品はロット保証テストも受け、テストにはHTOL、BHAST、温度サイクル、その他スクリーニングが含まれます。 さらに、放射線ロット保証テストがデータシートに記載されているデバイス仕様に対して行われます。

ルネサスの最新の耐放射線特性製品とリソースに関する情報については、四半期ごとに発行される耐放射線特性に関するニュースレターにサインアップしてください

主な機能

  • 絶縁障壁は巨大磁気抵抗テクノロジーを使って製造
  • 特にシングルイベント効果など、優れた放射性能を提供
  • このテクノロジは周波数マッチング変圧器を使用せず、結果としてEMIが低くなります
  • さらに高いスループットを実現し、航空宇宙業界で最高度のデータレートを誇ります
  • 低線量率(LDR)とシングルイベントラッチアップ/シングルイベントバーンアウト(SEL/SEB)に対して完全な放射性に特化
  • ISL71610SLHMは最大100Mbpsまで、ISL71710SLHMは最大150Mbpsまで動作

descriptionドキュメント

タイトル language 分類 形式 サイズ 日付
Wafer by Wafer Low Dose Rate Acceptance White Paper ホワイトペーパー PDF 533 KB
Intersil Space Products Brochure カタログ PDF 3.16 MB
Radiation Hardened Plastic Production and QCI Flow 技術概要 PDF 870 KB

printニュース&各種リソース

分類 日付 昇順で並び替え
Low Dose Rate Acceptance Testing 基本ページ 2020年3月26日
Standard Data Package 基本ページ 2020年3月20日
Rad Hard SMD Test Flow 基本ページ 2020年3月20日
Rad Hard Test Reports 基本ページ 2020年3月20日