2021年5月26日

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下、当社)は、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、国内グループ全従業員を対象に、新型コロナワクチン接種時および接種後の副反応発生時に取得できる特別有給休暇を導入しました。

当社は、新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、恒久的な在宅勤務制度の導入等をはじめ各種対策を実施しています(注)。また、今後新型コロナワクチン接種が予定されている中で、当社は、従業員のワクチン接種を推奨しています。本特別有給休暇制度は、新型コロナワクチン接種を希望する従業員が、週末など混雑する時間帯を避け、安心してワクチンを接種できる環境を整備するために、年次有給休暇とは別に付与するものです。

当社は、今後も従業員が心身ともに健康で、安心して働ける職場環境の実現に努めます。また、従業員のご家族およびお客様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆さまの安全・安心の確保のため、必要な対策を講じてまいります。
(注) 「Working-from-home制度の実施状況について」(2021年5月18日掲載)をご参照ください。

新型コロナワクチン特別有給休暇制度の概要

  1. 対象者
    社員、契約社員等、ルネサス国内グループ会社に直接雇用される全従業員(約1万人)
     
  2. 内容
    ①従業員が新型コロナワクチンを接種する場合、ワクチン接種1回につき1日または半日の特別休暇を取得することができる
    ②接種後の副反応により就業が困難となった場合、療養・治療に必要な日数の特別休暇を取得することができる(上限なし)
     
  3. 休暇の取り扱い
    有給
     
  4. 期間
    2021年6月1日~当面の間 
    ※政府が定める新型コロナワクチン接種実施期間に準ずる

以 上

この記事をシェアする

この記事をシェアする