概要

Description

マスタアクチュエータユニットはHVACシステムの頭脳です。スレーブアクチュエータユニットのすべての機能を果たし、次のような他の機能を含みます:

  • 屋内センサユニット、屋外センサユニット、スレーブアクチュエータユニットからの全てのセンサデータ収集
  • IPゲートウェイがマスタアクチュエータに導入されていたら、または別に導入されていたら、追加の天候情報がインターネットから収集できます(オートマチックホームやビルHVACシステム向けのIPゲートウェイ参照)
  • アルゴリズムまたは最新の組み込み人工知能(AI)技術を使って、流れの方向(入出力)、温度など各スレーブアクチュエータユニットのセットポイント計算/決定
  • 各スレーブアクチュエータとマスター自身にセットポイント提供
  • Bluetooth®またはWebインタフェースでもミラー化できる、システム全体のローカル(グラフィカル)GUI
  • リアルタイムクロック(RTC)と、日時・休日などによって異なる動作モードのセンサ/アクチュエータユニットへの配信

システムの観点から、マスタとスレーブアクチュエータは同じハードウェアとソフトウェアを持つことができます。この場合、マスターは特定のデバイスというよりもある役割で、別のスレーブアクチュエータが元のマスターに障害が発生した場合のためにマスターの役割を引き継ぐことができるので、単一障害点を表しません。ただし、システムあたり、1度にひとつのマスターだけしかありません。

このシステムのメリット​

  • RX23W MCUはBluetooth 5 Mesh通信を可能にする
  • マスタアクチュエータは、外部から実現できない場合、HTTPSまたはMQTTのような安全な通信メカニズムを使って、イントラネット/インターネットへの統合型ゲートウェイを持つことができます(ただし、その必要はない)( オートマチックホームやビルHVACシステム向けのIPゲートウェイ参照)。このような場合、次の技術のひとつまたは複数が利用可能です:
    • Wi-Fi(IEEE 802.11対応)、ThreadまたはZigbee(IEEE 802.15.4対応)、イーサネット(IEEE 802.3対応)、LTE-M/-NB(地理的領域と利用可能プロバイダーによる)、またはLoRaWAN

注記: 電源は通常、ファン/HVACに主電源が必要です(230Vacまたは110Vac、またはビル管理システムから24Vdcなど)。

画像
画像
Winning Combinations

ウィニング・コンビネーション

ルネサスは数多くの新しいウィニングコンビネーションを提供します。 これらの高度なデザインはルネサスの組み込みシステム用デバイス、アナログ、電源、コネクティビティ製品等の幅広い製品ポートフォリオを活用して構成しています。 設計検証済である為、お客様の設計の加速、製品開発サイクルの短縮に貢献するとともに、製品市場投入におけるリスクの軽減をサポートします。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう