概要

このウイニングコンビネーションは、5G基地局に搭載されるビームフォーミングアレイのRF/アナログサブセットです。 このシステムは、アンテナアレイに送られる送信信号と受信信号をフィルターとビームフォーミングIC「F52x8シリーズ」を介して調整します。 アップ/ダウンコンバータIC「F5728」は、データ内容とキャリア周波数をミックスして、エンドポイントに適切に送信するために使用されます。 また、このICは受信信号を復調してデータ内容を分離し、インタープリターします。 8V97003のシンセサイザにより、スペクトラム拡散を利用することができます。 8V19N882は、スプリアス高調波やスペクトルブリードを防ぎ、システムにピュアな基準クロックを供給するために、ジッタ減衰機能を備えた精密なクロックジェネレータです。 システムにピュアなクロックを供給するために、低ノイズ特性のLDO「RAA214020」を採用しています。

このシステムのメリット:

  • 5Gおよび広帯域無線アプリケーションのための2x2アンテナアーキテクチャに最適化されたシステム
  • チャンネルあたり15.5dBm以上のリニア出力を実現
  • 広域基地局、スモールセル基地局、マクロ基地局、CPE(顧客構内設備)、FWA(固定無線アクセス)アクセスポイントなどさまざまなアプリケーションの無線インフラアプリケーションにおいて、信号到達距離を伸ばしたコスト効率の高い無線設計を可能にします。

ターゲット・アプリケーション:

  • 5G mmWave 基地局用フェーズアレイシステム
画像
Base Station Antenna Front End