車載用統合クロックジェネレータ

Renesas Automotive TechDays 2019

ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。

関連ビデオ

1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。
1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。
1:57
「Renesas Automotive TechDays 2019」をのぞいてみて下さい。ルネサスの技術者と交流し、デジタル・アナログを問わず「使える」ソリューションに出会える、絶好のチャンスです。
2:25
ルネサスのデジタル・アナログデバイスとCETITEC製通信スタックをもって、素早いプロトタイピングを可能にするターンキープラットフォームがご覧になれます。
1:33
ルネサスMCUの高速フラッシュアーキテクチャにより、実コード実行中にOTAを用いたソフト更新が行えます。これにより、ソフトウェアのメンテナンス時間を短縮できます。
2:08
車載用に設計されたワイヤレス・パワー・トランスミッタを用いて、車内でモバイルデバイスを充電できます。ドライバーに安全で便利なソリューションです。
1:39
ルネサスのR-Car製品群はスケーラブルに最適化されているため、高いコストパフォーマンスで機能安全を実現できます。また、メータークラスターシステムとAndroidシステム間の独立稼働を保証します。
1:34
バッテリ管理IC「ISL78714」およびASIL-D準拠のMCU「RH850/P1M」を採用したリファレンスデザインを使用すると、開発期間を6ヶ月以上短縮できる可能性が見込めます。
1:52
ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。
1:38
ルネサスのセンサ信号コンディショナ(SSC)は、車載システムに向け高コストパフォーマンスかつ柔軟な設計が行えるソリューションです。


ビデオシナリオ

車載用タイミングデバイスの製品ラインマネージャを担当しているエティエンヌ・ヴィンケルミュラーです。本日はクロックについてお話しします。

現在のクロックにおける課題は、データレートの増加とシステムの複雑さが増すにつれ、求められる周波数の増大とより低いジッタなどです。

このデモでは、システムに必要な全てのクロックを、統合クロックジェネレータで生成する様子がご覧になれます。この例ではルネサスのSoC(R-Car)を使用していますが、こうした事例はあらゆるシステムに適用できます。

この統合クロックジェネレータには多くの利点があります。まずPCI Express Gen4までのシングル・エンドまたは差動シグナリングおよびジッタレベルだと、最大350MHzを生成できます。また、周波数の変調(スペクトラム拡散)や再構成など、様々な機能を有しています。

このデバイスで特に人気が高いのは、簡単にシステム構成できる点です。ウェブサイト上のこのリンク先の通り、テーブル内にお求めの技術要件を記入するだけでいいのです。

このクロックジェネレータ1つが複数の水晶発振器の代わりとなり、より小さい実装面積、多くの機能、高い柔軟性、そして低価格といったメリットをご提供します。