組み込み機器のセキュリティ対策セミナー~VxWorksとそのセキュリティ機能の紹介~

~R-INコンソーシアム推奨セミナー~

中級

費用 (無料)   対象製品  RZファミリ(RZ/N)

開催日時/会場

  • 2019年 12月03日(火) 13:00~15:15
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 受付終了しました

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

講師

ウインドリバー株式会社

受講をお勧めしたい方

  • リアルタイムOSを使ってネットワークにつながる機器を設計される方
  • また、そのような機器のセキュリティについて興味のある方

受講に必要な前提知識

エッジデバイスのソフトの知識

内容

世の中にIoTが広まるにつれてエッジ・デバイスもサイバーアタックの対象とされるようになってきました。エッジ・デバイスと言えどもひとたびサイバーアタックの対象となるとその被害や社会に与える影響は非常に大きなものになります。また、セキュリティ対策は後付けではなく、設計段階から検討する必要があります。リアルタイムOSを使ったシステムにおいても、セキュリティ対策は免れません。

本セミナーではウインドリバーのリアルタイムOS・VxWorksの紹介と共にそのセキュリティ対策の機能について、デモを交えてご紹介します。

VxWorksについては こちら(外部サイト)をご参照ください。

カリキュラム

  1. ウインドリバーのご紹介
  2. リアルタイムOS・VxWorksのご紹介
  3. 組み込み機器でのセキュリティ事故の実例
  4. セキュリティ対策の目的と導入に向けての考え方
  5. VxWorksのセキュリティ機能の紹介
  6. その他、セキュリティ対策のポイント

 ※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

演習環境

座学セミナーのため、演習はありません。


お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2019年 12月03日(火)