EtherCATのプロファイル対応ソリューションとスレーブ機器開発ハンズオン

中級

費用 (無料)   対象製品  EC-1、RZ/T1、RZ/N1、R-IN32(なお、実習対象はEC-1だけになります)

開催日時/会場

  • 2018年 09月12日(水) 13:00~17:30
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

講師

  • IARシステムズ株式会社
  • JSLテクノロジー株式会社
  • テセラ・テクノロジー株式会社

受講をお勧めしたい方

  • EtherCATをある程度知っており、開発を検討しているソフトウェアエンジニア
  • EtherCATプロトコルに関するトータルソリューションをお求めの方

受講に必要な前提知識

組み込みソフトウェア開発経験者

内容

工場やインフラなどの産業分野では、各国が関与するスマートファクトリ構想のもと産業イーサネット化が進み、産業機器が高機能・高性能化し進化を続けています。ルネサスでは、R-IN32、TPS-1、EC-1、RZ/T1などの産業イーサネット通信LSIを市場に投入し、ACサーボ、汎用インバータ、リモートIOなどの産業機器向けに対する各種ソリューションを提案しています。

本セミナーでは、FA分野で注目を集めているEtherCATに焦点をあてて、実際のスレーブ機器開発時に考慮するデバイスプロファイル、例えばCiA402プロファイルやSemiプロファイルなどに対するソリューションの紹介と、EtherCATスレーブ機器開発フローを想定した実習形式の解説を行います。

カリキュラム

  1. 産業イーサネット通信LSI製品の紹介
    ○ルネサスエレクトロニクスのEtherCAT対応製品を紹介いたします。
  2. EtherCATのプロファイルと対応ソリューションの紹介
    ○スレーブ機器開発にあたって、デバイスプロファイルへの対応や各種EtherCAT機能の対応が必要な場合があります。本セミナーではCiA402ドライブプロファイルや、Semiプロファイルなどの概要説明と対応ソリューション等の紹介をデモを交えて紹介いたします。
  3. パートナーソリューションの紹介
    ○各パートナが保有する、EtherCATの開発期間を短縮するソリューションを紹介いたします。
  4. EtherCATスレーブ開発のハンズオン
    ○EtherCATスレーブ機器の流れを紹介し、実際のESI変更、OD変更など、スレーブ開発の実習のハンズオンと、認証ツール紹介を行います。

 ※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

演習環境

  • 統合開発環境「IAR Embedded Workbench for Arm」(IARシステムズ社製)
  • Arm用JTAGエミュレータ「I-Jet Lite」(IARシステムズ社製)
  • EC-1搭載 TS-EC-1-COM(テセラ・テクノロジー社製)
  • TwinCAT3(ベッコフオートメーション)

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2018年 09月12日(水)