組み込みネットワークセキュリティ開発向けTLS体験と最新のTLS1.3解説コース-wolfSSL編

中級

費用 (無料)   対象製品  RX/RZファミリ

開催日時/会場

  • 2018年06月29日(金) 13:00~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました

講師

  • WolfSSL社
  • アルファプロジェクト社

受講をお勧めしたい方

  • 組み込み開発でセキュリティライブラリをご検討または興味をお持ちの方
  • 産業、家電、ヘルスケア、OAなどのIoT化でセキュリティ対策をご検討または興味をお持ちの方

受講に必要な前提知識

内容

世界500社1,000品目を超える幅広い分野の組み込み製品で採用され、SSL/TLSによる安全な通信を実現するwolfSSL。組み込みシステムの厳しいリソース条件の中で、セキュリティ専門ベンダの製品として新しい暗号化アルゴリズに取り組み、最新のTLS 1.3にもいち早く対応しています。

本セミナーでは、ルネサスRX/RZファミリのためのSSL/TLSセキュリティライブラリをお探しの方に、wolfSSLオープンソース版の具体的な評価手順とTLS1.3での変更点と利点を詳しくご紹介し、さらに実際にRX65Nを使った演習によりセキュリティ通信を体験してただきます。

カリキュラム

  1. 産業、IoTなどが直面するセキュリティの脅威、組み込み向けルネサス取り組みご紹介
  2. アルファプロジェクトおける組み込み開発の取り組み、ルネサスマイコン対応ソリューションご紹介
  3. wolfSSL SSL/TLSハンズオン
    〇wolfSSLのGPL版ダウンロードから、ビルド、サンプルプログラムの使い方、デバッグ方法まで体験
  4. 進化するTLS新バージョン1.3承認でどう変わる?どう使う?
    〇ネットワークセキュリティプロトコルの動向及び基本、TLS1.2との違い、TLS 1.3の特長及び最大限に引き出す方法など組込みエンジニアの疑問を徹底解説

 ※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

演習環境

  • AP-RX65N-0Aボード(アルファプロジェクト社製)
  • 統合開発環境CS+

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2018年06月29日(金) 受付終了