中級

費用  57,500円(税抜き)   対象製品  RZ/G1E

組み込みLinuxの基礎が学べます。

開催日時/会場

  • 2019年 07月17日(水)~ 07月18日(木) 【1日目】10:00~17:30【2日目】9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
  • 2019年 10月01日(火)~ 10月02日(水) 【1日目】10:00~17:30【2日目】9:30~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

講師

シリコンリナックス株式会社 代表取締役 海老原 祐太郎氏

受講をお勧めしたい方

  • 組み込みLinuxについて学習したい方
  • これから組み込みLinuxを使った製品をご検討の方

受講に必要な前提知識

C言語プログラミングの知識

内容

C言語でのプログラミング経験はあっても、Linuxはあまり触ったことがないというエンジニアを対象とした入門コースです。
PCに仮想環境を構築し、ARMクロスコンパイルを行います。LinuxからのGPIOの入出力を学び、主にユーザランド(組み込みアプリケーション)開発の実習を行います。

カリキュラム

1日目

  1. RZ/G1E 組み込みLinuxの概要
    ○簡単なLinuxコマンド ○ARMクロスコンパイル ○NFSを利用したファイル共有
  2. GPIO入出力の基本
    ○シェル上からのLED出力とSWの読み込み
  3. 完成したアプリケーションの自動起動
  4. デバッグ技法
    ○リモートgdb ○リモートsyslog

2日目

  1. LinuxAPI入門
    ○LED制御プログラム ○マルチプロセスとファイル排他制御 ○プロセス間通信 (名前付きパイプ、同期入力、シグナル) ○スレッドの基本と排他制御(mutex) ○スレッド間のファイル排他制御 ○スレッドからのfork()の危険性 ○プロセス間の共有メモリと排他制御 

演習環境

  • Renesasエレクトロニクス社製 RZ/G1E-PF 搭載 インダストリアルグレード組込みLinuxボード CAT845(シリコンリナックス社製)
  • パソコン(Windows)
  • 仮想マシン VirtualBox(debian6.0/squeeze)

※ボードの詳細はこちら

cat845


お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2019年 07月17日(水)~ 07月18日(木)

2019年 10月01日(火)~ 10月02日(水)お申し込み

※ページ下部で関連セミナーもご紹介しております

本セミナー前後の受講をお勧めするセミナー

このセミナー内容だと難易度が低い、または高いとお感じの方はこちらの関連セミナーもご覧ください。

中級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場、新大阪会場
  • 【受講料】
  • 43,000円(税抜き)

上級

  • 【開催場所】
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア)
  • 【受講料】
  • 57,500円(税抜き)