世界の工場が注目!リアルタイム性能を備えたEtherCAT通信の実習セミナー

中級

費用 (無料)   対象製品  EC-1、RZ/T1、RZ/N1、R-IN32(なお、実習対象はEC-1だけになります)

2016月12月22日に開催しました「R-IN/産業イーサネット通信LSI技術セミナー」の内容をバージョンアップし、新しいセミナー名称に変更させていただきました。

開催日時/会場

  • 2018年 02月7日(水) 13:00~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
  • 2018年 02月08日(木) 13:00~17:00
  • 新大阪会場(CIVI新大阪東) 終了しました

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

講師

  • IARシステムズ株式会社
  • JSLテクノロジー株式会社
  • テセラ・テクノロジー株式会社

受講をお勧めしたい方

  • 初めて産業イーサネットの開発をするもしくは検討中のソフトウェアエンジニア
  • 当社の産業イーサネット通信LSIの開発経験がない方
  • EtherCAT技術に触れたい方やEtherCATプロトコルに関するトータルソリューションをお求めの方

受講に必要な前提知識

組み込みソフトウェア開発経験者(未経験でも産業分野関連の用語知識があれば問題ありません)

内容

工場やインフラなどの産業分野では、各国が関与するスマートファクトリ構想のもと産業イーサネット化が進み、産業機器が高機能・高性能化し進化を続けています。ルネサスでは、R-IN32、TPS-1、EC-1、RZ/T1などの産業イーサネット通信LSIを市場に投入し、ACサーボ、汎用インバータ、リモートIOなどの産業機器向けに対する各種ソリューションを提案しています。

本セミナーでは、高速かつリアルタイム性能を備えた産業用Ethernetを実現するためEtherCATに着目し、当社のスレーブコントローラを内蔵した専用LSI EC-1を使って、実際の開発フローを想定した実習形式の解説を行います。具体的には、開発環境立ち上げからソフトウェア導入、さらには認証試験ツールの使用方法、またCiA402技術のご紹介を行います。

カリキュラム

1. 産業イーサネット通信LSI製品の紹介

(1)市場動向の概要説明

(2)ルネサス製品の紹介(EtherCAT対応製品)

(3)実習対象のLSIの紹介 

2. EtheCAT通信開発の実習(導入評価キットを使ったEtherCATスレーブ環境の立ち上げから、認証テストツールの使用方法まで)

(1)EtherCAT開発手順の概要の紹介

 事前準備から認証までの流れの紹介

(2)EtherCATスレーブ環境の構築

 評価環境紹介

 スレーブ環境の構築方法の実習

(3)EtherCATスレーブ開発用ソフトウェア開発環境の使用方法

 導入評価キットの紹介

 C/C++統合開発環境を使用したソフトウェア開発手法の紹介

(4)マスター環境の構築及びマスタースレーブ通信の確認

 ソフトウェアPLCの紹介

 TwninCATを使用したPC環境でのEtherCATマスターの立ち上げ

 EtherCATマスター、スレーブ通信の確認

(5)アプリケーション開発の注意点(CiA402プロファイルを例に)

 ドライブ機器向けプロファイルCiA402の説明

 ESIを含むEtherCAT対応機器開発時の注意点

(6)EtheCATスレーブの認証テストツールの使用方法

 認証テストツールの紹介

 認証テストツールの使用方法 

  ※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

 

演習環境

  • EC-1用評価キット(IARシステムズ社製)

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2018年 02月07日(水)受付終了

2018年 02月08日(木)受付終了