DMAとSCIFの連携もe2 studioでスマートに開発~RZ/T1編~

中級

費用 (無料)   対象製品  RZ/T1

開催日時/会場

  • 2018年 06月26日(火) 13:00~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました
  • 2018年 06月29日(金) 13:00~17:00
  • 新大阪会場(CIVI新大阪東) 終了しました

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

受講をお勧めしたい方

  • 簡単にアプリケーションを開発してみたい方
  • RZ/T1の無償開発環境にご興味のある方
  • RZ/T1をRXやRL78マイコンと同様にNonOS,シングルコアとして扱えることに興味のある方

受講に必要な前提知識

内容

本セミナーでは、統合開発環境e² studioを使ったタイマによるLEDの点滅制御、DMAによるシリアル送信、サンプルプログラムの取り込み方法、RZ/T1特有のブート時の注意点など多種多様な演習によって、e² studioの機能を体感的に学んでいただけます。
また、RZ/T1で採用しているArm® Cortex® -R4と聞くとハードルが高そうに思えますが、グローバルに普及しているオープンソースの"Eclipse"をベースにしたe² studioを使えば、OSレスでも簡単にプログラムが作れます。
「OSレスで、より早く・より簡単に、高速な演算処理をしたい」の声にお応えできるセミナーになっています。

カリキュラム

(1)RZ/T1のご紹介

(2)ハンズオン

演習1 タイマによるLED制御(コード生成とe² studioの説明)

演習2 DMAによるシリアル送信(コード生成による簡単プログラミング)

演習3 スマートブラウザによるSCIFサンプルプログラムのインポート

演習4 e² studioでのRAMブートとフラッシュブートの違い

演習5 e² studioでのマルチコアでのデバッガ起動方法

(3)RZ/T1向けe² studioの新機能ご紹介(スマートマニュアルなど)

(4)Q&A、その他

  ※本セミナーでは、キャッシュなどRZ/T1固有の機能説明はありません。

  ※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

 

 

演習環境

  • 統合開発環境 e² studio (ルネサスエレクトロニクス社製)
  • ARM用JTAGエミュレータ「J-Link-Lite」(SEGGER社製)
  • RZ/T1搭載 評価ボード Renesas Starter Kit+ for RZ/T1(ルネサスエレクトロニクス社製)

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2018年 06月26日(火)受付終了

2018年 06月29日(金)受付終了