EtherCATの概要から認証試験ツールまで、EtherCATシステムの開発フローを学ぶ-RZ/T1編-

中級

費用 (無料)   対象製品  RZ/T1

開催日時/会場

  • 2018年 07月18日(水) 13:00~17:00
  • 豊洲会場(豊洲フォレシア) 終了しました

お申し込み受付の締切は、セミナー開催の前営業日17:00となります。

講師

  • JSLテクノロジー株式会社
  • 株式会社コア
  • IARシステムズ株式会社
  • イー・フォース株式会社
  • 株式会社アイ・エル・シー

受講をお勧めしたい方

  • EtherCAT技術に触れたい方やEtherCATプロトコルに関するトータルソリューションをお求めの方
  • 初めてEtherCATの開発を行う、もしくは、検討中のソフトウェアエンジニア

受講に必要な前提知識

内容

本セミナーでは、産業Ethernetプロトコルの1つであるEtherCATに焦点をあてて、EtherCATスレーブコントローラを内蔵し、通信処理とモータ制御などのリアルタイム処理を1チップで実現するRZ/T1を用いて、実際の開発フローを想定した実習形式の解説を行います。EtherCATの概要、スレーブソフト開発の演習、認証試験ツールの使用方法、またデュアルコアのメリットと活用事例などをご紹介を行います。

カリキュラム

  1. RZ/T1の紹介
    ○RZ/T1グループのコンセプトや特長の紹介
  2. EtherCATの概要紹介
    ○EtherCATの概要、EtherCAT開発を行うための事前準備、EtherCATマスターなどの紹介
  3. 開発環境の紹介
    ○TwinCAT(EtherCATマスター)、IAR Embedded Workbench for Arm(統合開発環境)、蔦ASURA(評価ボード)などの紹介
  4. TwinCATの紹介
    ○winCATの使用方法や機能概要/デバッグ方法の紹介
  5. スレーブソフトの開発(カスタマイズ)の紹介
    ○製品仕様決定、スレーブインタフェースのカスタマイズ、コンフォーマンステストツールの実施方法などの紹介
  6. ハンズオン
    ○ESI変更、OD変更など、スレーブインターフェース開発の実習を行います。
  7. 認証試験ツール(CTT)の紹介
    ○テスト内容紹介、テストエラーの事例紹介
  8. RZ/T1のデュアルコアのメリットと活用事例
    ○RZ/T1の特長であるデュアルコアのメリットと事例の紹介
  9. パートナーソリューション紹介
    ○各パートナーによるソリューション紹介

 ※カリキュラムは予告なく変更されることがあります。

演習環境

  • 統合開発環境「IAR Embedded Workbench for Arm」(IARシステムズ社製)
  • Arm用 JTAGエミュレータ「I-Jet」(IARシステムズ社製)
  • RZ/T1搭載 蔦ASURA(コア社製)
  • TwinCAT3(ベッコフオートメーション)

お申し込みを希望の方は、下記の日程を選択して申し込みボタンを押してください。

2018年 07月18日(水) 受付終了