パートナーニュース 2018年 11月号

 

ET & IoT Technology出展パートナー社のご紹介

株式会社アルファプロジェクト

Embedded Technology 2018/組込み総合技術展 出展のご案内<出展小間番号:D-12>

イーソル株式会社

自動運転/自律制御システム向けROS対応スケーラブルRTOSをデモで展示[ET2018]<出展小間番号:B-27>

wolfSSL Inc.

ET2018出展と最新TLS 1.3セミナー開催のご案内<出展小間番号:C-52>

京都マイクロコンピュータ株式会社

ET & IoT 2018 に出展します<出展小間番号:D-40>

株式会社グレープシステム

グレープシステムはET2018に出展します<出展小間番号:B-45>

ユークエスト株式会社

Embedded Technology 2018 に出展します。<出展小間番号:B-28>

株式会社ユビキタスAIコーポレーション

ET2018出展:「R-Car」に対応したDMS「CoDriver」などを展示<出展小間番号:B-44>

株式会社立花エレテック

ET2018に立花エレテック グループで出展致します!<出展小間番号:C-39>

SWISYS CO.,Ltd

ET/IoT総合技術展にて、OBD IIやCAN Busソリューション初出展<出展小間番号:D-02 >

株式会社アルファプロジェクト

Embedded Technology 2018/組込み総合技術展 出展のご案内

弊社は、11月14日(水)~ 16日(金)にパシフィコ横浜にて開催されますET2018 組込み総合技術展に出展いたします。展示会場では、DRP機能を内蔵した「RZ/A2M」プロセッサ搭載CPUボード「AP-RZA2-0A」を参考出品いたします。 また、お客様のRXファミリ製品へのルネサス製ドライバの組込みを容易にするSmartConfigurator機能のデモンストレーションをご覧いただけます。 展示会場では、「RZファミリ」および「RXファミリ」「Renesas Synergy™」プロセッサを搭載したCPUボード製品を多数出品いたしますので、是非弊社ブースへお立ち寄りください。

<出展小間番号:D-12>

詳細情報

イーソル株式会社

自動運転/自律制御システム向けROS対応スケーラブルRTOSをデモで展示[ET2018]

自動運転や産業用ロボットなど自律制御の実現において注目されているROSに対応し、R-CarもサポートするスケーラブルRTOS「eMCOS」を用いた「ROS on eMCOS」と、ソフトウェア検証ツール「RVS」とArm®純正IPモデル「Arm® Fast Models」の組み合わせによる効率的で高品質なソフトウェア開発をテーマに、デモ展示します。

会期2日目には、以下2つのセッションに登壇します。

  • ROS on eMCOSで実現する機能安全対応の自動運転/自律制御システム@アーム社主催カンファレンス
  • ソフトウェア検証ツール「RVS」と「Arm Fast Models」を利用した高品質ソフトウェア開発@アーム社ブース内ステージ

<出展小間番号:B-27>

詳細・お申し込み

wolfSSL Inc.

ET2018出展と最新TLS 1.3セミナー開催のご案内

組み込みネットワークセキュリティを専門にするwolfSSLは、ET&IoT Technology 2018に出展します。ルネサスRX/RZファミリをサポートするwolfSSL SSL/TLSライブラリは、軽量かつ最新TLS1.3に対応した唯一の商用版です。IoTの安全な通信を実現します。ぜひブースへお立ち寄りください。

日時:11/14〜16 10〜17時、15日は~18時

会場:パシフィコ横浜

初日11/14にはセミナーも開催します。ぜひご参加ください。

タイトル:動き始めたTLS 1.3。新時代のIoTプロトコル(事前登録制です)

*10:30-11:15と11:45-12:30の2回開催

<出展小間番号:C-52>

詳細情報

京都マイクロコンピュータ株式会社

ET & IoT 2018 に出展します

TOPPERSパビリオンに出展し、さらに便利に使いやすくなったSOLID ver.2の開発環境をトータルでご紹介します。会場ではRZ/A1Hによる組込みAIアプリ等 SOLIDによるRTOSシステムのデモほか、効率の良い開発手法やソフトウェア品質向上のために有効なデバッグ機能など、エンジニアの皆さんの開発現場を楽しく快適にするためのSOLIDならではのソリューションをご用意しております。

<出展小間番号:D-40>

詳細情報

株式会社グレープシステム

グレープシステムはET2018に出展します

11/14~11/16にパシフィコ横浜で開催される「2018 組込み総合技術展」に出展します。組み込みエコシステム、IoTソリューションを中心に、以下の展示を行います。

  • 組み込みエコシステム
    • Linux+ThreadX マルチOS対応
    • GUIX+組み込みスケーラブルフォント+かな漢字変換
    • セキュリティソリューション
  • IoTソリューション
    • モニタリングサービス「ExoSense」
    • 遠隔監視/制御サービス「ExoHome」
    • 音響振動分析活用サービス
  • R-Car M3を使用した音声認識ソリューション
  • OSS ライセンス管理ツール
  • AI ビデオ分析ソリューション

みなさまのご来場お待ちしております。

<出展小間番号:B-45>

詳細情報

ユークエスト株式会社

Embedded Technology 2018 に出展します

今回は、【組込みソフトウェア】【IoTソリューション】【電力システム】とゾーンを分け、それぞれの製品展示やソリューション提案をいたします。特に、組込みソフトウェアゾーンでは、ルネサスの各種MPU,MCUに対応した以下のソリューションをデモ展示いたします。

  • Edge Computing向けAIソリューション「KAIBER」
  • 球体投影技術を用いた「多眼カメラシステム」
  • Wi-Fi & Bluetoothソリューション
  • iPhone・iPad / Android 連携ソリューション

このほか展示会場では新製品の発表を予定しています。みなさまのご来場をお待ちしております。

<出展小間番号:B-28>

詳細情報

スマホ連携ソリューション

株式会社ユビキタスAIコーポレーション

ET2018出展:「R-Car」に対応したDMS「CoDriver」などを展示

独自のセンシングアルゴリズムを持つ「CoDriver」が、車載半導体で大きなシェアを持ち高機能で高い情報処理能力を誇るルネサス社の「R-Car」に対応することにより、さらに高性能なドライバーモニタリングシステムの実現が可能となりました。これにより、先進技術を集結したハイエンドなコックピットからミッドレンジのソリューションまで、メーカーの用途に応じたドライバーモニタリングシステム開発の大幅な効率化が可能となります。ET2018では、「CoDriver」のほか、セキュリティ製品、高速起動ソリューションなどもご紹介予定です。

<出展小間番号:B-44>

出展詳細

CoDrive 製品詳細

株式会社立花エレテック

ET2018に立花エレテック グループで出展致します!

立花エレテックは電機・電子の技術商社です。FAシステム、半導体デバイス、施設の3事業を柱に高度化・多様化する市場、お客様のニーズに最適なソリューションで応えています。今回、”つなぐ”をキーワードに ルネサス製品をふんだんに使用した各種通信(有線、無線)、AR、画像処理等のソリューションを展示します。また、体験型デモとして、ジェスチャー操作でロボットを自由自在に操るデモを行います。

是非、弊社ブースに御来場ください。

<出展小間番号:C-39>

ET2018 HP(公式サイト)

立花エレテックHP

IARシステムズ株式会社

ルネサスがIAR DevCon東京の基調講演でIoTイノベーションについて講演

11月21日(水) 開催のIAR DevCon東京では、IoT時代の組込みシステム設計とセキュリティについて最新の情報をご提供します。

基調講演では、ルネサス エレクトロニクス IAソリューション事業部 事業部長の傳田 明 氏が「エンドポイント インテリジェンスが切り開くイノベーティブなIoTデバイスとアプリケーションの世界 (仮題)」についてゲスト講演します。展示コーナーでは各社最新のマイコンを活用したソリューションが多数デモンストレーションされます。

事前登録(無料)にて、どなたでも参加頂けます。この機会をお見逃しなく!

イベント詳細と登録

IARシステムズ株式会社

RZ/NとRZ/GにRTOSとLinuxを共存させるAMP実装と開発手法のセミナー

マルチコアプロセッサが容易に入手できる時代になり、実装するOSのオプションもユーザによって様々になっています。本セミナーではLinuxとRTOSをワンチップに実装するケースを想定して、システム設計の注意点や、より効率的な開発手法について講義します。座学のコースになりますのでお気軽に参加下さい。

受講をおすすめした方(ルネサスセミナーサイトより引用)

  • 既存のLinux資産を活用しながら、起動処理や安定性を向上させたいとお考えの方
  • RTOSのリアルタイム性と安定性、Linuxの汎用性とスケーラビリティを組み合わせたシステムを構築したい方
  • すぐに利用できる開発キットや、そのまま製品化・量産化できるボードをお探しの方

セミナー詳細と登録

IARシステムズ株式会社

世界初、IAR Embedded WorkbenchがHW-RTOSプラグインに対応

Arm®対応ツールIAR Embedded Workbench for Arm (EWARM) は業界でメジャーなRTOSへのプラグイン対応が数多く成されていますが、今回のバージョンアップでルネサス社外ツールとしては世界で初めて*HW-RTOSプラグインに対応しました。

ルネサス エレクトロニクスの産業向け高性能マイコンファミリにはハードウェアRTOS (HW-RTOS)が搭載されており、高速な産業ネットワーク通信プロトコル処理などが実現できます。EWARMでは、これによって、統合開発環境のユーザはOSタスク遷移などを確認しながらデバッグ作業を進めることが可能になりました。

Arm向けツール詳細

IARシステムズ株式会社

RH850対応ツールをバージョンアップして更に高機能に!

オートモーティブアプリケーションで数多く採用されているルネサス エレクトロニクスの高性能マイコンRH850対応のツールであるIAR Embedded Workbench for RH850 (EWRH850)が最新のツール仕様にバージョンアップを行いました。主なアップデート内容は次の通りです。

  • IDEのインターフェースをアップデート
  • C11言語規格対応
  • C++14言語規格対応
  • Unicode対応
  • スタック使用量解析
  • スタック保護
  • ルネサス スマート・コンフィグレータ同梱
  • C-SPYデバッガのシンボルとレジスタウィンドウの改善
  • C-STATの新しいMISRA Cチェック項目

RH850向けツール詳細

ルネサス対応製品詳細

IARシステムズ株式会社

HMIとカメラ開発を加速するRZ/A1 SDKに対応

RZ/A1向けに新しくリリースされたHMIおよびカメラアプリケーション開発キットに統合開発環境IAR Embedded Workbench for Arm (EWARM)が対応しました。これによって産業機器、ビルディングコントロール、ホームオートメーション、メディカル製品、白物家電および監視カメラなどの開発がグローバルで幅広く利用されている高性能なコーディング環境によって更に加速されます。

詳細情報(ルネサスサイトへ)

ルネサス専用サイト

株式会社アルファプロジェクト

GUI統合開発環境「GEAL2」

「GEAL2」は組込み機器向けGUI統合開発環境です。

Windows上で画面デザインを行う「GEAL Editor」とターゲット上で高速に描画・イベント処理を行う「GEAL Engine」で構成されています。「GEAL2」導入により、組込み機器向けGUI開発の生産性向上に寄与します。

「GEAL2」では、RZファミリおよびRXファミリに対応し、静止画取り込み・多言語対応・フォント作成機能・透過色対応など、多彩な機能をサポートしています。また、量産時のロイヤリティは不要ですので、製品コストへの負担がありません。今回、「GEAL2」では、アルファプロジェクト製CPUボードの該当製品で、全ての機能が無償でご利用可能な限定版もご用意しています。

詳細情報

イーソル株式会社

エンジニア視点でわかりやすく解説!Arm®アーキテクチャトレーニング[11月・12月日程掲載]

R-CarやRZファミリなど、Arm®アーキテクチャのCPUを使って組込みシステムを開発するソフトウェア技術者の方を対象としたトレーニングです。 多岐にわたるArm仕様を短時間で効率的に習得でき、Arm仕様を熟知するイーソルならではのトレーニングは、受講者様から高いご評価をいただいています。

コースは、異なる2つのアプローチよりご提供しています。

  • 初めてArmの開発を行うソフトウェア技術者向け:Armアーキテクチャ仕様解説【広く全体をおさえる】
  • Armを使っているが、まだ理解が浅いと感じている若手~中堅エンジニア向け:実例Armアーキテクチャソフトウェア開発テクニック【重要項目をしっかり理解する】

Armアーキテクチャトレーニング詳細

イーソル株式会社

AI/自動運転をテーマにした技術カンファレンスの各種資料ダウンロードページを公開

9/28に開催した技術カンファレンスの講演関連資料や展示パネル、配布物など各種資料をダウンロードいただけます。

本カンファレンスでは、『人と機械の協働』の未来に向けた、AI技術の可能性や課題、イーソルが開発中のパーソナライズAIフレームワーク「eBRAD」、自動運転やAUTOSAR Adaptive Platform、MaaSなど、各分野における識者が講演しました。

展示コーナーでは、R-CarもサポートするスケーラブルRTOS「eMCOS」とROS、自動運転OSSの「Autoware」を組み合わせた自律制御システム向けプラットフォームや、RXファミリを含むルネサス製マイコン向けROSエンジニアリングサービスもご紹介しました。

ダウンロード詳細情報

京都マイクロコンピュータ株式会社

PARTNER-Jet2/SOLIDがルネサス新製品 RZ/A2Mに対応しました

  • PARTNER-Jet2では、従来のRZ/A1に対応したデバッグ機能をすべて継承しているほか、RZ/A2Mで追加されたHyper Flashメモリインタフェースにも対応済なので、すぐにRZ/A2Mを搭載した機器のデバッグが始められます。
  • SOLIDでは、IDE、ツールチェーン、TOPPERS-OSおよびデバッガの機能がすべてRZ/A2Mで利用できます。

詳細情報

京都マイクロコンピュータ株式会社

Arm Tech Symposia 2018 Japan に出展します

ルネサスの最新SoCに搭載されている Arm®アーキテクチャ Cortex®-v8A、Cortex®-v8R、Cortex®-v8M プロセッサに対応したPARTNER-Jet2デバッガをご紹介します。また、LixunとRTOS(SOLID)によるマルチOSシステムのデモを通して開発環境のご提案をいたします

  • 2018/12/6(木) 09:00~19:00
  • 参加無料
  • JPタワーホール& カンファレンス(東京駅)

詳細情報

株式会社グレープシステム

グレープシステム主催 無料で学べるOSSセミナー開催

オープンソースソフトウェア(OSS)はとても魅力的なものになり、組み込み製品の開発現場においても、OSSの利用が増加しています。ただ、OSSを導入するにあたり、OSSライセンスを正しく理解すること、また導入後の脆弱性の管理をしっかりすることが、様々なリスク回避の観点から重要な要素となりつつあります。

本セミナーでは、OSSライセンスに造詣が深い弁護士の大堀健太郎氏より、OSSライセンス管理の重要性をご説明いただきます。また、セキュリティの観点からのセッションや、ライセンス管理ツールのご紹介など、OSSライセンスにご興味をお持ちの方に満足いただける内容になっています。

是非ご参加ください。

詳細情報

株式会社北斗電子

組込みプログラムを学ぶなら、まずはここから!初心者に最適学習キット

RX231(48ピン)マイコンボードが付属している初心者向けの組込みプログラム学習キットです。サンプルプログラム(CS+プロジェクト)や丁寧に解説した資料がある為、どなたでも簡単に始められるのが特徴です。又、別途ハードウェアをご用意頂かなくても簡単にプログラムの書き込みを行い、プログラムを動作させる事が出来ます。電源(ACアダプタ)も付属しているので、すぐにご利用頂けます。社内研修や学生の実験にもお勧めです。

詳細情報

株式会社北斗電子

組込みプログラムに加えてCANも学びたいならこれ!

組込みプログラムを学習する”SmartRX学習キット”に加えてCANバスの動作も確認出来るのが当キットです。通信相手はRX71M、RX65、RX64M、RX231、RX24Uが搭載された当社製のマイコンボードの中からお選び頂けます。デバッガ(14P)コネクタに接続できる書き込み、通信用ボードも付属しているCANのスタータキットです。

 

詳細情報

イー・フォース株式会社

μC3/μNet3がRZ/A2Mに正式対応!

イー・フォースのμITRON仕様RTOS「μC3」とTCP/IPスタック「μNet3」が、先日、プレスリリースされたRZ/A2Mに正式対応致しました。「μNet3」に付属しているイーサネットドライバはRZ/A2Mに搭載された2チャンネルのイーサネットに対応しています。対応済みの開発環境はe2studioになりますが、今後、EWARMへの対応も計画しております。

ご評価を希望される方は、当社の営業窓口(sales@eforce.co.jp)までお問合せ下さい。

μC3/Standardの詳細

μNet3の詳細

JSLテクノロジー株式会社

RZ/N1S向け EtherCAT Slave用 SDK

JSLテクノロジーがRZ/N1S向けに、EtherCAT Slave用 SDKを準備致しました。UBOOT不要のブートローダーとなっており、また、各種ペリフェラルドライバーにも対応しております。

 

詳細情報

有限会社ビーリバーエレクトロニクス

RX230+WiFiモジュールESP-WROOM-02 によるデータ転送

RX230とESP-WROOM-02をSCI接続し、ADデータをパソコン、スマホ等にWiFi接続で送信するサンプルプログラムを作成しました。

詳細情報1

詳細情報2

コーデンシTK株式会社

CEATEC2018に出展し、ルネサス製品を紹介しました!

コーデンシ㈱/コーデンシTK㈱は10月16日~19日に幕張メッセで開催されたCEATEC2018に出展し、弊社製高速画像CMOSセンサ「AS-2JM-0200」と RZ/A1Hを使用した高速画像センシングデモを紹介しました。期間中、当デモの展示スペースには数多くの方にお越し頂き、「IoT」、「通信」、 「精密機器」、「医療機器」、「工場」、「製造機器」等の分野からの方々から多くのお問合せを頂く事が出来ました。

今後はルネサス エレクトロニクスのデモキャラバンパッケージに展開させて頂き、さまざまな分野、お客様に広くご紹介していきたいと考えます。

詳細情報

SWISYS CO.,Ltd

ET/IoT総合技術展にて、OBD IIやCAN Busソリューション初出展

SWISYSは、CANバスおよびOBD II標準に基づく自動車通信関連のソリューションを開発しています。

例えば、OBD II 車両診断やドライブレコーダー、フリート管理などの運転挙動分析を、すべてOBD IIインターフェースのCAN Bus信号によって読み取ることが可能です。RL78/F13またはRenesas Synergy™ S3を搭載した弊社製品CAN OBD II Bridge は、車両のECU情報を無線(Bluetooth)で接続してから有線(UART)に切り替えることも可能です。

ET会場では、実際のギャシフトライト、データレコーダー、及びアプリケーションUIのデモを展示します。是非、SWISYSブースで実際にご覧ください。

<出展小間番号:D-02 >

 

参考情報(pdf)

wolfSSL Inc.

wolfSSLがルネサスe² studioとCS+をサポート

wolfSSL組み込みSSL/TLSライブラリはこの度、ルネサスe² studioとCS+をサポートいたしました。それぞれwolfSSLライブラリビルド用とwolfCryptテスト用プロジェクトファイルを追加しています。e² studioとCS+をサポートするwolfSSLは、現在GitHubマスターブランチにあり、次のリリース 版に含まれる予定です。

e² studioサポート

CS+サポート

図研エルミック株式会社

FA機能安全ソリューションセミナーin大阪

ルネサス エレクトロニクス主催のFA機能安全ソリューションセミナーで、当社開発スタッフが講演します。

「近年、製造現場におけるグローバルな人材登用や安全に対する意識の変化、産業用ロボットを活用したものづくりなどの広がりにより、国内製造業においても設備として安全規格に準じる取り組みが重要となっています。こうした状況下で、お客様の抱える安全に関する課題解決の一助として、産業機器向け機能安全(IEC61508等)の導入障壁と課題、それを解決するためのソリューションや規格対応製品をご紹介するセミナーを開催させていただきます。」

詳細情報

最新ボード&キットソリューションのご紹介

パートナー各社とルネサスがご提供する、国内外のボード&キットソリューション検索の登録件数が1,000を超えました。ここでは最近登録されたパートナー製ボード製品の一部をご紹介します。

  • シマフジ電機製 SBEV-RZA2M MIPIカメラ入力、LVDSディスプレイ出力、USB、Etherを備え、画像処理をはじめとしたさまざまな用途に向けてRZ/A2Mマイコンを評価できます。
  • シマフジ電機製 SEMB-1402 RZ/A2Mマイコンを搭載したIoT-Engine規格のCPUモジュールです。
  • シマフジ電機製 SEMB-1401 RZ/T1マイコンを搭載したIoT-Engine規格のCPUモジュールです。
  • 北斗電子製 CANスタータキットRXV2 RX71M, RX65N/651, RX64M, RX231, RX24U, RX24Tに対応したCANの動作を評価できます。USB-Serial通信ボード(2枚)付属。
  • 北斗電子製 HSBRX651F144A CAN, USB function, USB Host等の通信インタフェースを搭載した、RX651(QFP-144ピン, QFP-100ピン)マイコン評価ボードです。
  • 北斗電子製 HSBRX651F176 CAN, USB function, USB Host等の通信インタフェースを搭載した、RX651(QFP-176ピン)マイコン評価ボードです。
  • 北斗電子製 SmartRX学習キット RX231搭載マイコンボードで組み込みプログラミングの基礎を学ぶための初心者向けキットです。
  • 北斗電子製 CANスタータキットSmartRX RX71M, RX65N/651, RX64M, RX231, RX24U, RX24Tに対応したCANの動作を評価できます。RX231搭載マイコンボード付属とUSB-Serial通信ボード付属。

ボード&キットの検索はこちら