大規模コンピューティングと基幹系通信のためのオプティカルインターコネクト

200G/400G光通信モジュール、5G無線通信インフラを含む、データセンタおよびファイバチャネルシステム用途向けのオプティカルインターコネクトソリューション。

RV2X6376Aからの25Gbps直接変調レーザ(DML)は、DMLドライバ(HXT44100)と組み合わせて、200G/400G光モジュール市場および5G無線通信インフラに対応できます。TIA(HXR44400)およびCDR(HXC44400)とともに、オプティカルインターコネクトソリューションの完全なポートフォリオが提供されています。応用分野には、ファイバチャネルとともに、データセンタ用の最大10kmのイーサネットQSFP、OSFP、およびSFP56モジュールが含まれます。

主な機能:

  • 1.3um帯 直接変調 AlGaInAs DFB LD
  • イコライゼーションによるCML入力、レーザバイアスとモジュレーション、レーザパワー制御および監視を含む、完結した電気-光変換を処理
  • 自動電源制御(APC)に必要な多数の機能と、内部およびモジュールの温度測定とレポート機能を統合
  • ディスクリート部品数を削減し、より優れたRF性能、コスト削減、最終製品の小型化を実現
ブロック図

Optical Interconnect for Computing and Communications

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください