概要

Network Search Engine(NSE)をネットワークセキュリティで最も重要な機能の一つであるアクセス制御 に適用したACLソリューションを紹介します。

ルネサスのNSEをデータセンター向けゲートウェイ機器に使用することで、400Gb/sネットワークトラフィック に対して、以下の特長をリアルタイムに実現することが可能になります。

  • ネットワークセキュリティ技術であるACL (Access Control List)によるパケットフィルタリング。
  • パケットに優先度を設定することによるQoS (Quality of Service)

概要

デモシステム

ルネサスのNSEをXilinx社のSDNet開発環境と組み合わせ、400Gb/sラインレートのACLを容易に実現しています。

デモGUIによりお客様自身で、

  • 最大400Gb/sのイーサネットトラフィックを発生することができます。
  • ACLテーブルとQoSテーブルをリアルタイムに更新することができます。
  • 結果をリアルタイムチャートでご確認頂けます。

デモGUI

デモシステム

デモビデオ

二種類のデモをご覧いただけます。

パケットフィルタリング

パケットフィルタリング + 帯域制御

適用例

NSEをデータセンター向けのファイアウォールに適用してサーバーを保護するデモをご覧いただけます。

400G通信における不正制御ソリューション

DevCon Japan 2017出展

推奨ルネサスデバイス

Network memory

半導体デバイス推奨製品特徴等
NSER8A20646BG-G /R8A20686BG-G40Mb / 80Mb
NSER8A20611BG-G /R8A20610BG-G40Mb / 80Mb
NSER8A20410BG-G20Mb
関連ドキュメント
タイトルドキュメント番号
コントロールIPホワイトペーパーR10AN0013EU0100
提供物一覧
ACLデモパッケージ内容
GUI ソフトウェアJava jar file format
FPGA デザインデータMCS file format
ドキュメントデモンストレーションガイド
関連ソリューション

パケットヘッダ検索ソリューション(200-400G)

近年、IoT端末の増加やクラウドの普及により大量のネットワークパケット処理の必要性が高まってきており、特に基幹通信においてはパケットが集中するため、その通信インフラへ400Gbpsクラス機器の普及が必要になってきています。

パケットヘッダ検索ソリューション(100G)

近年、IoT時代の到来とともにネットワークに繋がるモノと流通するデータ量が急増しているため、ネットワークの高速化が進展しています。特にデータセンター内のトラフィックスピードは、100Gbクラスへ切り替えが進んでおります。