充電不要の活動センシングスマートシューズ

~日々の生活の中で体の状態等をモニタリング~

  • エナジーハーベストソース(靴に埋め込まれたピエゾ素子)から不安定で微少の電力をSOTB EHCを使い蓄電素子(スーパーキャパシタ、二次電池)に充電
  • SOTBの高性能14bitADコンバータでセンシングしたデータを超低消費電力CPUで解析し、バイタル状態をモニタリングする。
  • 充電された電力を使い、解析をしたデータを定期的に無線を経由し通知

デバイスの起動管理

  • 通常のMCUの場合には、Inrush Currentに関しては、デカップリングコンデンサーへの充電のみを気にすれば良かったが、エナジーハーベストシステムでは、供給電力および蓄積電力が小さいため、MCUの内部で発生するInrush Currentに対するケアも必要になる。R7F0Eのエネルギーハーベスティングコントローラ(EHC)は、最小限の外付け部品でエナジーソースとのインターフェイスと起動シーケンスを管理し、起動を制御します。
  • まずR7F0Eは、デバイスの起動シーケンスを開始する前に、外付けコンデンサにプリチャージします。
  • その後、すべての構成要素に対し、適切なタイミングで適切な制御の実行を実現します。さらにEHCは外部のスーパーキャパシターなどの蓄電素子の充電を管理して、ピーク負荷時にエネルギーが利用できる様にしている。