Xilinx製FPGA「Artix-7(大電流)」向け電源・タイミングデバイスソリューション

Xilinx®製「Artix®-7」はコスト最適化されたFPGA製品であり、単位ワットあたり最高の性能、必要十分なトランシーバーラインレート、DSPによるプロセッシング、AMSの統合を可能としています。MicroBlaze™ソフトプロセッサと1,066Mb/sのDDR3メモリをサポートするこの製品ファミリーは、ソフトウェアで定義された無線通信機能により、マシンビジョンカメラ、ローエンド無線バックホール通信など、低コストと低消費電力の両立を要する様々な用途に最適です。大電流の場合4A以上、小電流は4A以下で設計されています。

このソリューションは「Artix®-7」ファミリに向けて、ルネサスが提案するレファレンスボード上においてタイミングデバイスとパワーデバイスのソリューションをハイライトしています。

詳しくは、Artix-7 パワー・ソリューション ページをご覧ください。

主な機能

  • この事例に対応し、柔軟なパワーソリューションを提供できるよう独自設計された、プログラム済みPMIC
  • 350MHzのデータ出力と、高性能なジッター減衰を行うVersaClock®クロック
  • ISL21010が、Artix-7 FPGAに正確で安定した基準電圧を供給します。
システムブロック図

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください