USB2.0とIEEE1394の位置付けについて説明します。
従来のUSBはPC周辺の低中速のデバイスから、IEEE1394は高速なAV系デバイスから普及しています。低速のUSBのデバイスはコスト/パフォーマンスの点からUSB2.0のhigh-Speed modeに対応する事はないでしょう。これらはBluetoothなどの無線系におきかわるかもしれません。高速の動作レートが要求され始めているプリンタ、スキャナ、ストレージの領域では同程度の転送レートを持つUSB2.0とIEEE1394の競合が考えられますが、PCの周辺機器としてはUSB2.0が主流になるでしょう。USB2.0では従来の互換性を維持しており、例えば、USB2.0対応のPCがなかったとしても、USB1.1のデバイスとして使うことができます。すでに100%のPCに搭載されるようになったUSBと比べるとIEEE-1394はPCではまだまだ普及率は高くありません。ただし、USB2.0はPCと言うホストが存在しない限り、Busを構成できませんので、周辺機器同士の直接接続はできません。プリンタでもAVと直接接続するようなケースは、IEEE1394になるでしょう。 広義ではプリンタはプリンタですが、実際には目的ごとにインタフェースは選択されていくでしょう。

USB標準 1394オプション

  • カタログポータル