USB2.0はUSB1.xとの互換性を維持したまま、より高速な動作の実現が求められているので、以下の4点をクリアできる仕様になっています。

  1. 480MbpsのBus動作を実現することでバンド幅を大幅に改善する。
  2. USB1.xとの互換性を維持するために、ケーブルやコネクタは変えない。
  3. 12/1.5Mbpsの転送と480Mbpsの転送が混在できるようにする。
  4. 12/1.5Mbpsの転送と480Mbpsの転送が混在しても、12/1.5Mbpsが480Mbpsのバンド幅を大幅に占有しないようにする。

 

USB2.0の基本仕様

  • カタログポータル