バーコードスキャナーは、製品や貨物の自動トラッキングや品質管理など、主に産業用途において広く使用されています。バーコードスキャナーは、入力速度が速く信頼性が高い上に大量の情報をスキャンでき、柔軟性にも優れるため、トラッキング方法として非常に優れています。

ルネサスは、あらゆるバーコードスキャナーソリューションに使用できるMCU/MPU、電源・アナログデバイスを有しており、お客様の具体的なニーズに合わせてソリューションを最適化することができます。このソリューションで採用されたRZ/A2M(MPU)は、高速な画像処理を要するスマート家電、ネットワークカメラ、サービス・ロボット、スキャナ製品、産業用機器に向けて、組込み人工知能(e-AI)をベースとして設計されています。汎用MPUにルネサス独自の動的再構成可能プロセッサ(DRP)テクノロジを組み合わせ、高度なマシンビジョンを実現するためユニークなハイブリッド処理を行います。これによって画像データを高速に前処理し、認識対象の特徴を抽出します。

また、ここで用いられる高性能な電源・アナログシステムには、ルネサスのPMIC、DC/DC、USB 電源コントローラおよびハブコントローラ、オペアンプ(OPA)、タイミング、高度なデジタル光センサが採用されています。

このシステムのメリット

  • DRPテクノロジを備えた高速なe-AIベース画像処理デバイス
  • ルネサスの豊富な電源・アナログデバイス:PMIC、DC/DC、USB ASSP、オペアンプ、タイミング、センサ
  • 誘導型照度近接センサによるQRコード認識
  • HDMIモニタのサポートおよびAI拡張機能
システムブロック図

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください