近年、電力会社の契約者は、電気料金請求方式と公共料金方式を選択する自由度が増したため、電力費を最適化できるようになりました。しかし再生エネルギーを用いた発電の拡大に伴い、地域の公益事業では、従来の発電方式との調整のために、契約者レベルで消費される電力を監視するための、より効率的な方法が必要です。公益事業の事業形態となる前払い方式と後払い方式は、主に地域の消費と決済習慣によって選択・推進されることになります。これにより、今後の電力メータには、このニーズに対応する、信頼性の高い双方向通信が必要となります。また、地域の状況に応じて、また有線・無線に応じて、適切なものが使い分けられます。このソリューションは三相電力メータに対応しており、トランスとロゴスキーコイルを利用した検出方法に適用可能です。分路方式と比較して差別化要因となる、誘導方式によって提供される独自の絶縁方式です。

このシステムのメリット

  • インテリジェントアナログ フロントエンドとRL78 / I1C MCUを組み合わせたこのシステムの代わりに、ハードウェア暗号機能を使用せずコストパフォーマンスが高いRL78 / I1B MCU を選択することもできます。いずれのデバイスにも 24 ビットΔΣ A/Dコンバータが統合されています。
  • 計測結果はデジタル化され、フォトアイソレータ (PS9821) を介して、UARTによりアプリケーションコントローラに転送されます。
  • 光アイソレータ (PS9821) を介して転送された計測データは、512KB フラッシュメモリと 256kB RAM を搭載した Cortex®-M4 コアのアプリケーションコントローラ (RA6M1) に送られます。
  • LED インターフェイスおよび RS-485 インターフェイス (ISL3179E) は、製造現場およびオフィスにおける双方向シリアル通信に対応しています。
  • より小規模な郊外送電網では、2G または 5G の無線接続が必要です。
  • メカニカルスイッチ部はタンパ検知による一般的な方式で、ケースが開くとレジスタフラグが作動します。
  • 都心部での装備には、データロガーを介したサブギガ通信、もしくは電力線通信 (PLC) を介した有線接続の、いずれかが必要です。RAA6045S00 は固有周波数シフトキーイング (FSK) または Wi-SUN プロトコルに対応していますが、R9A06G037 は 3G-PLC および PRIME 仕様にも対応しています。
  • 二つの DC/DC バック (ISL85412) は、メータ部だけでなく、無線モジュールにも個別に電力を供給します。また、三つの LDO (ISL80410) は、各計測フェーズに電力を個別に供給します。
  • RS-485 インターフェースがガルバニック絶縁を必要とする場合、既存の追加フライバック方式の場合に使用される LDO (ISL80410) を、オプションで使用できます。
システムブロック図

スマート三相電力メータ

ウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシングなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください