指紋認証による電子ロック

スマートロックは、スマート家電分野で急速に普及が進んできています。ユーザは、指紋認証、近距離無線通信(NFC)、静電容量タッチパネル、低電力のBluetooth®通信を組み合わせて、スマートロック機能を制御できます。低消費電力設計なので、ナローバンドInternet of Things(NB-IoT)も選択できます。RX130マイクロコントローラ(MCU)は静電容量タッチ操作機能が組み込まれているので、ボードの省スペース化と低コスト化に寄与します。高度な指紋認証モジュールを備えたハイエンドシステムをご検討される場合、より高性能なRX651 MCUへアップグレードしてアルゴリズム設計を行うことも可能です。

このソリューションは、モバイルルータまたはスマートホームルータとのBluetooth通信に対応します。さらに、NB-IoTモデムは直接WLANをサポートし、アラーム情報をクラウド上に直接送信することができます。

 

主な機能

  • 静電容量タッチパネルを実現する高集積RX130 MCU
  • バッテリを長寿命化する低消費電力設計
  • 筐体の破壊や強盗のリスクに対しアラートをモニタリングする衝撃センサ
システムブロック図

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください