高効率でデザイン性に優れた調理家電の開発をサポートするソリューションを準備しています。

ルネサスでは、IH調理器、電子レンジ、IH炊飯器に最適なソリューションを提供します。さらにスマート化に対応したソリューションも準備しています。

以下のリンクでは、ルネサスが推奨するデバイスとソリューションを紹介しています。

アプリケーション一覧

ルネサスの調理家電ソリューションにつきましては、以下の一覧をご覧ください。

IHクッキングヒータ(一口1マイコン制御)

IHクッキングヒータは、省エネや火を使わない安全性の両面から、市場で支持されており、オール電化住宅ブームの火付け役になっています。オールメタル対応製品では、鍋の材質を判定する必要があり、高性能なマイコンが要求されます。また、操作パネルは手入れの容易さからフラットパネル化しており、多くの機器がタッチセンサを導入しています。

IHクッキングヒータ(二口1マイコン制御)

IHクッキングヒータは、エコ対応や安全性面や清潔面から市場に支持されて来ており、オール電化住宅ブームの火付け役になっています。同ヒータのオールメタル鍋対応製品では、鍋の材質を判定するために、一般的に高性能マイコンが必要となります。また、手入れが容易なことから操作パネルのタッチセンサ化も急速に進んでいます。

IH炊飯器(ハイエンド)

IH炊飯器(ハイエンド)は、効率よく炊飯釜を加熱しておいしいご飯が炊けるため、市場で好評な家電製品です。近年ではおいしさを追及する高付加価値製品も登場している一方、熱効率を高めて低消費電力化を推進するエコ製品の要求も強くなり、よりきめ細かな制御をする必要があります。

電子レンジ(ハイエンド)

電子レンジ(ハイエンド)は、調理家電として急速に進化しています。食品をむらなく適温に温めるだけでなく、多機能化して「煮込む」「揚げる」「焼く」「蒸らす」「発酵させる」など様々な調理ができるようになりました。また、塩分や油分を抑えたヘルシーな料理のできる健康家電としても注目されています。

電子レンジ(ローエンド)

電子レンジ(ローエンド)は、低価格で食品を適温に温める調理が可能な調理家電として、多くの国に普及しています。電子レンジ(ローエンド)では、温度センサ、重量センサなどから得られたデータを用いてマグネトロン出力を制御しています。

関連技術

 モータ制御

ルネサスはお客様の開発を強力にサポートするソリューションを提供しています。モータ制御に最適なデバイスやリファレンスデザインとなるモータ制御のキット、学習から開発までやりたいことが簡単にお試しできるソフトウェアやツールなど、多数用意しております。

 静電容量タッチキー

人と機械をつなぐ「HMI (Human Machine Interface)」の世界では、機能が固定された従来のメカニカルキーが「タッチキー」に置き換えられるケースが急増中です。人に優しくデザインされたパネルを指でタッチし、そのまま滑らせて量を指定できる、など、複雑で高度な操作を直感的に行えるからです。しかし利用場面が拡大していくにつれ、正常な動作と高度な操作性を実現するには感度の向上、高いノイズ耐性が求められ、更に水濡れ、汚れや温度変化などの環境耐性が必要となります。また開発期間やコストが高いハードルとなります。 ルネサスでは、このハードルを一気に押し下げるためのソリューションを、ここにご用意いたしました。

 機能安全

「機能安全」は、既存の仕組みに安全を確保するための機能を導入することで、人間や環境に及ぼす危害を低減して一定の安全を確保することをいいます。産業向けソリューションに注力するルネサスでは、お客様の工場をより快適かつ安全に保つための様々なソリューションをご用意しておりますが、ここでは、機能安全規格をお客様がスムースに取得いただけるサポートプログラムをご紹介いたします。

 e-AIソリューション

組み込みシステムへのAI搭載は、新たな「知」を生み出します。 e-AI は、あなたの情報を価値に変えるソリューションです。

 LCD表示機能

人と機械をつなぐ「HMI(Human Machine Interface)」の世界では、セグメント表示から表示できる情報量を増やすため、モノクロの表示から視認度を上げるために、カラーLCDパネルを搭載する製品が急増しています。 またソフトウェアの更新だけで各国語への対応が可能になり、機器のグローバル化にも対応することができます。 しかし自由度が高まる反面、処理や制御が複雑になり開発期間が伸びるなどの問題も発生します。 ルネサスではこのような問題も解決しながら、表現力を増すためのソリューションを用意しました。