ルネサスのパーソナル血糖値計(BGM)ソリューションはMCUに高性能RA2シリーズを使用します。周辺に16ビットSAR型A/Dコンバータ、24ビットΔΣ型A/Dコンバータ、オペアンプ、タッチキー制御機能を備え、低消費電力で完結したワンチップソリューションです。高性能な内蔵A/Dコンバータにより、精度が求められる血糖値計には最適です。またRL78/G1DをベースとしたBluetooth Low Energy(BLE)モジュールを追加することで、コンパクトかつ簡単にスマート接続機能を拡張できます。

このシステムのメリット

  • RA2A1グループMCUは、周辺に16ビットSAR型A/Dコンバータ、24ビットΔΣ型A/Dコンバータ、オペアンプ、USBインタフェース、およびタッチ制御機能を備え、低消費電力で動作
  • 高効率で低自己消費LDO(ISL80505)を内蔵し、スタンバイ電流を低減
システムブロック図

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください