「e-AI」で実現するスマートインフラ ~機器連携の応用例

ルネサス エレクトロニクス株式会社

様々なエッジデバイスをリアルタイムに連携させた、駐車場管理システムのデモです。様々なエッジデバイスを簡単に接続できるゲートウェイに、カメラやゲート、誘導灯を接続し制御することで、車を最適な駐車スペースへ、安全に誘導します。

また、データベースを活用した、ゲートウエイへの組み込み人工知能(e-AI)の導入によって、管理・制御を最適化することが出来ます。これによって、従来人手が必要だった作業を自動化し、駐車場などの管理コストを削減することが出来ます。

下記の動画は、ショッピングモール等の大型駐車場をイメージしたデモで、入場する車のナンバーを認識し、ゲートや誘導灯によって最適な場所へ車をリアルタイムに誘導する様子をご覧になれます。

1:51
様々なエッジデバイスをリアルタイムに連携させた、駐車場管理システムのデモです。様々なエッジデバイスを簡単に接続できるゲートウェイに、カメラやゲート、誘導灯を接続し制御することで、車を最適な駐車スペースへ、安全に誘導します。
1:51
様々なエッジデバイスをリアルタイムに連携させた、駐車場管理システムのデモです。様々なエッジデバイスを簡単に接続できるゲートウェイに、カメラやゲート、誘導灯を接続し制御することで、車を最適な駐車スペースへ、安全に誘導します。
1:51
様々なエッジデバイスをリアルタイムに連携させた、駐車場管理システムのデモです。様々なエッジデバイスを簡単に接続できるゲートウェイに、カメラやゲート、誘導灯を接続し制御することで、車を最適な駐車スペースへ、安全に誘導します。