マルチコア・モデルベース環境

ルネサス エレクトロニクス株式会社

マルチコア性能を開発前半で可視化、開発プロセスを大幅改善!

自動運転など先進的制御による処理増大を受けて、高性能マルチコア・マイコンの利用が拡大しています。
マルチコアのソフト開発では、シングルコアの場合とは異なり、実装によって到達性能が大きく変動します。しかし、初期のモデルベースで開発を進める段階ではコードが存在しないため、マルチコア動作時の性能を見積もる手段がなく、テスト工程からの手戻りリスクが高いという課題がありました。

ルネサスでは、モデルからの自動並列化ツール(イーソル社との連携)と、RH850マルチコア向けコードの自動生成機能を提供することで、モデルベース・シミュレーションの段階で、マルチコア性能を正確に可視化することに成功しました。Simulink制御モデルからダイレクトにマルチコア性能を確認できるようになることで、手戻りを防いで開発期間の大幅短縮を実現します。

 

Model-based Multicore Software Auto-coding