環境データの収集は、きれいな大気の維持することに加え、有毒/危険なガスの拡散を最低限に抑えるための第一歩であり、ビルや家屋向けのアプリケーションではより重要なものとなってきています。高度に浄化された空気は、安全な製造ラインを維持することが不可欠な工場においても、非常に重要です。このガス・センサ・ソリューションは、これら有害なガスの存在を監視し、データをクラウド上に送信します。

ルネサスの32ビットMCU RX130は、スマートWi-Fiモジュールでセンサ・ネットワークに接続されており、データを適切なゲートウェイに送り、最終的にクラウド上へ送信します。

主な機能

  • 既存システムとの簡単かつ素早い統合
  • AWSおよびRXを用いた、既存のクラウド・ソリューションによる素早い最終製品化
  • 業界最高クラスの高感度ガスセンサ

アプリケーション

  • ファクトリ・オートメーション
  • ビルディング・オートメーション
システムブロック図

クラウド接続機能付きガス・センサ

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください