ビルディング・オートメーションの注目技術 ~センサ~

2019年4月、ルネサスはIDTと統合。センサと制御に必須なマイコンの両方を新たにご提供できるようになりました。
快適なビル空間の提供と、省エネルギの両立は、ビル管理にとってますます重要になってきています。
快適性を確認し、維持するためには温湿度、空気質、照度などの要素を測定し、HVAC や照明などのシステム制御と連動する必要があります。
また、ネットワークと接続し、システム全体で最適制御することで省エネルギを実現できます。
ルネサスは、IDTと共に今後もセンサとマイコンを進化させ、ビルディングオートメーションの発展、地球環境の改善に貢献します。

ビル空間におけるセンサ

現在、ビル内部にはさまざまな箇所にセンサが使用されており、需要の高まりを見せています。
ここでは、具体的なアプリケーションにおいて、ルネサスとIDTのセンサがお使いいただける箇所をご紹介します。

ビル空間におけるセンサ