IAUTOSARでは、ソフトウェアを部品化し、アプリケーションソフトウェアの流用性や再利用性を高めます。AUTOSARのレイヤードアーキテクチャと各レイヤの詳細を以下に示します。

AUTOSARのレイヤードアーキテクチャ

AUTOSARのレイヤードアーキテクチャ

各レイヤの解説

レイヤ名 概要 目的 特徴
実装 上位
インタフェース
Runtime Environment
(RTE)
AUTOSARソフトウェアコンポーネント(SWC)と、AUTOSARセンサ/アクチュエータの部品を含むアプリケーションのためのコミュニケーションサービスを提供するミドルウェア層 AUTOSARソフトウェアコンポーネント(SWC)を特定のECUへのマッピングに依存させないようにする ECUとアプリケーションに特化
ECUごとに生成される
完全にECU非依存なインタフェース
Basic Software (BSW) Services
Layer
Basic Softwareで最上位層のソフトウェアレイヤで、以下の機能を提供
・OS機能
・車両ネットワークの通信と管理
・メモリサービス(NVRAM management)
・診断 サービス(UDS<プロトコル>通信とエラーメモリを含む)
・ECU状態管理
アプリケーションのための基本的なサービスと基本ソフトウェアモジュールを提供する マイコンと ECUハードウェアの一部とアプリケーションに特化 マイコンとECUハードウェアに非依存なインタフェース
ECU
Abstraction
Layer
MCALとのインタフェース(外部デバイスのドライバも含む)で、以下を提供
・ マイコンの内部/外部にかかわらない周辺機器やデバイスへのアクセス
・ マイコンへのインタフェース(ポートピン、インタフェースタイプ)のためのAPI
上位のソフトウェアレイヤをECUハードウェアレイアウトに非依存にさせる マイコン非依存で、ECUハードウェアに依存した実装 マイコンとECUハードウェアに非依存なインタフェース
Complex
Drivers
他のレイヤにはない複雑な機能を使う場合に使用されるレイヤ。
このレイヤはマイコンへ直接アクセスして実装
(例)噴射制御、電気的な値の制御、増加の位置検出など
複雑なセンサやアクチュエータを操作するための特殊な機能やタイミング要求を満たす マイコン、ECUとアプリケーションに高度に依存した実装 AUTOSARで規格化・実装されたインタフェース(AUTOSARインタフェース)
Microcontroller Abstraction
Layer (MCAL)
マイコン内蔵の周辺機能や、メモリにマッピングされた外部デバイスへ直接アクセスするソフトウェアモジュール
上位のソフトウェアレイヤをマイコンに依存させないようにする マイコンに依存した実装 標準化されたマイコンに非依存なインタフェース
Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。