「HIS推奨最適化 AUTOSAR」は、「AUTOSAR Release 3.1」ソフトウェア仕様を、 ミッドレンジマイコン等にも適用できるよう、ドイツの自動車メーカ5社で構成される 「HIS」が推奨最適化コンフィグレーションとして仕様化したサブセット規格です。

「AUTOSAR」の仕様は比較的メモリサイズが大きく、CPUパワーも高いマイコンに 実装されているのが現状ですが、より小さなメモリサイズを内蔵した16ビット、 32ビットのミッドレンジマイコンへの対応が望まれています。このため、「HIS」が、AUTOSAR仕様のRelease 3.1をベースに、推奨最適化コンフィグレーションとして 「HIS推奨最適化 AUTOSAR」を2009年後半にリリースしました。

「HIS推奨最適化 AUTOSAR」準拠により、「AUTOSAR」仕様と比べてプログラム量を 低減できるため、マイコンに内蔵するプログラム格納用メモリの容量低減が可能です。 また、CPUの負荷も低減できるため、アプリケーションの処理時間をより多く確保することが可能です。

ルネサスはこの「HIS推奨最適化 AUTOSAR」にいち早く対応し、Elektrobit社と共同で業界初「HIS推奨最適化 AUTOSAR」の開発環境を提供します。

HIS推奨最適化の特徴

BSWが使用するメモリサイズとCPU負荷を低減

Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。