概要

SH-NaviJ3 (SH7777)はSH-NaviJシリーズの第3弾で、OpenGLES1.1に対応した2Dおよび3D描画機能を持つグラフィックスプロセッサ、H.264/MPEG-4 AVCに対応したマルチ・コーデックの高性能動画像処理IP、さらに圧縮方式AAC、MP3、WMAなどのオーディオ処理用に、24 ビットオーディオ専用DSP を搭載するなど、マルチメディア対応の高性能で豊富な周辺機能を内蔵したSoCです。

注1)OpenGLRは、米国Silicon Graphics Inc.の登録商標です。

ブロック図

SH-NaviJ3 System Block Diagram

製品仕様
項 目SH-NaviJ3 仕様
品名R8A77770DA01BG
電源電圧1.15V~1.3V(内部)/3.3V、1.8V(外部)
最大動作周波数533MHz
処理性能960MIPS、3.73GFLOPS
CPU コアSH-4A コア
内蔵RAMILRAM:16Kバイト OLRAM:16Kバイト
キャッシュメモリ32Kバイト命令 / 32Kバイトデータ分離、4ウェイセットアソシアティブ方式
外部メモリDDR2専用バスに、 DDR2-SDRAM を直結可能
また、拡張バス SRAM、ROMを直結可能
拡張バスアドレス空間: 64Mバイト×3
主な内蔵周辺機能
  • ルネサスグラフィックスプロセッサ (2D/3D)
  • VPU5F (H.264、MPEG-4、VC-1)
  • ビデオ画像処理機能(色変換、画像拡大・縮小、フィルタ処理)
  • 画像ブレンド機能
  • 表示制御 2画面出力(デジタルRGB×2チャネル)
  • ビデオ入力インタフェース
  • SDカードホストインタフェース×2チャネル
  • マルチメディアカードインタフェース
  • USB 2.0ホスト/ファンクションインタフェース
  • TSインタフェース
  • GPSベースバンド処理モジュール
  • FM多重デコーダ
  • コントローラエリアネットワーク(CAN)インタフェース×2チャネル
  • MOSTインタフェースモジュール
  • 各種サウンドインタフェース×7チャネル
  • 専用DMAC×34チャネル
  • I2Cバスインタフェース ×4チャネル
  • シリアルコミュニケーションインタフェース(SCIF)×6チャネル
  • リモコンインタフェース×1チャネル
  • タイマ×9チャネル
  • オンチップデバッグ機能
  • 割り込みコントローラ(INTC)
  • クロック発振器(CPG):逓倍PLL内蔵
低消費電力モード
  • スリープモード
  • モジュールスタンバイモード
  • DDR-SDRAM電源バックアップモード
パッケージ440ピンBGA (21mm×21mm)
Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。