概要

SH-Navi3 (SH7776)はSH-4Aを2個搭載し、最大1920MIPS(533MHz 動作時)の高処理性能を実現し、高度化したグラフィックス機能と、高性能化した画像認識処理機能を内蔵したデュアルコアSoCです。

同時アクセス可能な2本のDDR3-SDRAMインタフェースとPCI Expressインタフェース搭載により、超高速のデータ転送を実現できます。さらにSerial ATAインタフェース採用など車載情報端末の使い勝手を向上する多彩で豊富な周辺機能を内蔵しています。

ブロック図

SH-Navi3 System Block Diagram

製品仕様
項 目SH-Navi3 仕様
品名R8A77760DBGV
電源電圧1.25V (内部) / 3.3V、1.5V (外部)
最大動作周波数533MHz
処理性能1920MIPS、7.46GFLOPS (533MHz動作時)
CPU コアSH-4A コア×2
内蔵RAMILRAM:8Kバイト+OLRAM:16Kバイト
キャッシュメモリ32Kバイト命令/32Kバイトデータ分離 ×2、4ウェイセットアソシアティブ方式、キャッシュコヒーレンシ サポート
L2 キャッシュ128Kバイト
外部メモリ2系統のDDR3専用バスにDDR3-SDRAM(DDR1066)を16ビットバス幅で各1個または2個接続、同時アクセス可能。
最大動作周波数:533MHzまた、拡張バスにSRAM、ROMを直結可能。
拡張バスアドレス空間: 64Mバイト×6
主な内蔵周辺機能
  • ルネサスグラフィックスプロセッサ (2D/3D)、3Dグラフィックスエンジン
  • ディスプレイユニット×2チャネル
  • ビデオ入力インタフェース×3チャネル
  • 画像認識処理アクセラレータ
  • 歪み補正モジュール
  • Serial ATAインタフェース
  • SDホストインタフェース ×2チャネル
  • AACエンコードアクセラレータ
  • 各種サウンドインタフェースI/O×5チャネル
  • USB 2.0ホスト、ファンクションインタフェース
  • TSインタフェース
  • GPSベースバンド処理モジュール
  • FM多重デコーダ
  • PCI Expressインタフェース
  • 専用DMAC×26チャネル
  • コントローラエリアネットワーク(CAN)インタフェース×1チャネル
  • メディアローカルバス(MLB)インタフェース×1チャネル
  • シリアルコミュニケーションインタフェース(SCIF)×9チャネル
  • I2Cバスインタフェース ×2チャネル
  • シリアルペリフェラルインタフェース(HSPI)×2チャネル
  • メディアトランザクションシリアルバス(MTS-B)インタフェース
  • リモコンインタフェース×1チャネル
  • タイマ×11チャネル
  • A/D変換器インタフェース(12ビット) ×1チャネル
  • 割り込みコントローラ(INTC)
  • クロック発振器(CPG):PLL内蔵
  • オンチップデバッグ機能
  • 温度センサ
低消費電力モード
  • スリープモード
  • ライトスリープモード
  • クロック停止モード
  • DDR-SDRAM 電源バックアップモード
パッケージ653ピンBGA (25mm×25mm)
Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。