概要

EC-4255はArm11™ MPCore™を3個内蔵し、最大1440MIPS(400MHz動作時)の高処理性能を実現し、高性能グラフィックス機能と、パラレルATA、SDカードI/F、ビデオADC等を内蔵したマルチコアSoCです。 マルチチャネルI2SとMediaLBインタフェースによるオーディオルーティング機能を1チップで実現します。

ブロック図

EC-4255 System Block Diagram

製品仕様
項 目 EC-4255 仕様
品名 uPD35003-LN6
電源電圧 1.2V (内部) / 3.3V、1.5V (外部)
最大動作周波数 400MHz
処理性能 1440MIPS (400MHz動作時)
CPU コア Arm11™ MPCore™×3
内蔵RAM Local Memory:8Kバイト
キャッシュメモリ 32Kバイト命令/32Kバイトデータ(各CPU)、4ウェイセットアソシアティブ方式、キャッシュコヒーレンシ対応のスヌープ制御ユニット内蔵
外部メモリ DDR3-SDRAM(DDR1066)を16ビットバス幅で1個接続可能。
最大動作周波数:533MHzまた、拡張バスにSRAM、ROMを直結可能。
拡張バス アドレス空間: 64Mバイト×6
主な内蔵周辺機能
  • 2D/3D対応グラフィックスエンジン
  • ディスプレイユニット×1チャネル
  • ビデオ入力インタフェース×1チャネル
  • パラレル ATAインタフェース
  • SDホストインタフェース ×2チャネル
  • 各種サウンドインタフェースI/O×6チャネル
  • USB 2.0ホスト、ファンクションインタフェース
  • 専用DMAC×52チャネル
  • コントローラエリアネットワーク(CAN)インタフェース×2チャネル
  • メディアローカルバス(MLB)インタフェース×1チャネル
  • 非同期シリアルインタフェース(UART)×8チャネル
  • I2Cバスインタフェース ×2チャネル
  • クロックシリアルインタフェース(CSI)×8チャネル
  • タイマ×4チャネル
  • A/D変換器インタフェース(12ビット) ×12チャネル
  • ビデオA/D変換器インタフェース(10ビット) ×2チャネル
  • 割り込みコントローラ(INTC)
  • リアルタイムクロック
  • デバッグ機能(JTAG,ETMトレース)
低消費電力モード
  • Waitモード
  • Standby/Standby+モード
  • Dormantモード
パッケージ 632ピンBGA (25mm×25mm)

※ArmはArm Limitedの登録商標です。Arm11とMPCoreはArm Limitedの商標です。

その他、すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。