車載用の統合コクピット制御は、複数かつ様々なコクピット機能を統合管理するため、ハードルの高いシステムといえます。R-Car M3を搭載したこの電子制御ユニット (ECU) リファレンスは、統合コクピットを対象としたシステムです。このシステムは、完結した開発エクスペリエンスとして、最初から複数の複雑な機能を統括できるように構成されています。これを再構成、アップグレード、または拡張していくことで、お客様固有のニーズに対応するソリューションを構築できます。

このシステムのメリット

  • PCB 回路図、配置ファイル、部品ライブラリ、ECU ハウジングモデル、高速シミュレーション結果をパッケージ化した、ホワイトボックスハードウェア
  • 計器クラスター、AGL 搭載 IVI スクリーン、マルチメディア再生部、ラジオ再生部、Bluetooth® 接続機能、ナビ、およびシステム設定をパッケージ化した、完結したリファレンス ソフトウェアアプリケーション
  • LTE、Wi-Fi、GPS、BT、A2B、GMSL、USB、CAN、および車載用イーサネットを統括する車両内通信制御
  • セーフティ制御に向けてはGreen Hills Software (GHS) Integrity、インフォテインメント等には車載仕様の Linux を搭載したソフトウェアアーキテクチャ
  • 車載用統合部品に適した自動車向け認定部品の採用と、量産用アルミニウムハウジングを含む先行した量産品質
  • リユースによる設計の簡易化と、BOM コストを最小に抑えるための、拡張可能なマルチチャネル電源
システムブロック図

コクピット電子制御ユニット

ウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシングなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください