RZ/G Linuxプラットフォームによる組み込み開発革命

イチオシ製品紹介

近年、産業分野の組み込み機器の高度化に伴い、ネットワーク対応・マルチメディア対応・セキュリティ対応など、 開発者の対応しなければならない範囲が急速に拡大しています。これにともなう開発期間の増加や、システムの開発・保守費用を含めたトータルコストの増加が大きな問題となってきています。

ルネサスはこの問題をRZ/G Linuxプラットフォームで解決します。

Wireless Charging Solution

RZ/G Linuxプラットフォームとは?

RZ/G Linuxプラットフォームは、図1に示す5つのコンポーネントで構成される新しい組み込み開発の形です。 これら5つのコンポーネントの働きで、高度な組み込み機器開発時の様々な課題を解決します。

3Dグラフィックス・FullHDビデオコーデックなど高度なマルチメディア処理に対応するため、 デバイスには高機能プロセッサを搭載するRZ/Gシリーズのプラットフォーム専用デバイスを用意しています。

デバイスラインアップはこちら

RZ/G Linuxプラットフォームの構成

図1. RZ/G Linuxプラットフォームの構成

RZ/G Linuxプラットフォームが解決する課題

コンポーネント 開発期間の増大 開発・保守費用増大 品質管理が困難 Linux 導入障壁が高い セキュリティ確保が困難 マルチメディア対応の高度化 量産立ち上げ時間の増加

① 動作検証済みLinuxパッケージ

 

② クラウド開発環境・検証/解析ツール

   

③ ソフトウェア アドオン

     

④ RZ/Gベースの高性能デバイス

         

⑤ 量産まで対応可能なボード

       
特長 1

動作検証済みLinux標準パッケージで開発・検証・メンテナンス工数削減!

  • 産業分野に必要な基本ソフトを含む動作検証済みの「Linux標準パッケージ」としてルネサスから入手可能
  • 安定動作するLinux+基本ソフトを即利用でき、アプリケーション開発に注力が可能
  • ルネサスのQ&Aサポート、バージョン管理によりメンテナンス工数を大幅に低減
  • RTOSからLinuxへの切り替えのハードルもグッと引き下げ

Linux標準パッケージ

図2. Linux標準パッケージ

特長 2

クラウド上の開発支援ツールで開発効率UP!

  • 開発環境はクラウドで提供、Linux開発環境の構築工数をゼロに
  • WindowsPC上のe² studioとクラウドサーバの連携で、 Linuxに不慣れな方でも簡単にビルドを実行
  • 検証ツールと解析ツールとLinux標準パッケージ用検証パターンでデバッグ効率を向上

クラウド開発環境

図3. クラウド開発環境

特長 3

検証済みソフトウェア・アドオンで楽々新機能追加・製品価値向上!

  • RZ/G Linuxプラットフォームで動作検証済みのルネサス及びパートナーのミドルウェアをアドオンとしてラインナップ
  • 検証済みだから、ビルドツールで簡単に組み込み、組み込み機器に短期間で新しい価値を追加

人物・顔を検出し、年齢・性別を推定。顔の装着物を検出、グローバル対応

人物・顔を検出し、年齢・性別を推定。顔の装着物を検出、グローバル対応

監視カメラレンズの歪み補正

監視カメラレンズの歪み補正

RZ/G Linuxプラットフォームの詳細はこちらから

RZ/G Linuxプラットフォーム