1チップで複数モータを高効率制御 センサレスベクトル制御を楽々実現する32bitマイコン「RX24T」

イチオシ製品紹介

モータ制御のトレンド

  • 御が必要に。比較的コストを抑えつつ高効率化が図れるセンサレスベクトル制御に脚光
  • 各種機器の小型化が進み、制御用の基板設置スペースも縮小傾向
  • OA機器・小型家電などで、ステッピングモータ・ブラシ付DCモータからブラシレスDCモータへの移行が加速

RX24T 32-bit Microcontroller

モータ制御でのお悩み

  • お悩み① センサレスベクトル制御は演算処理が重く、既存のCPUでは間に合わない ⇒ 特長1で解決!
  • お悩み② 複数モータの制御を、なるべく基板設置スペースを増やさずに実現したい ⇒ 特長2で解決!
  • お悩み③ ブラシレスDCモータ制御のノウハウや、早期開発できるリソースが無い ⇒ 特長2で解決!
特長1:複数インバータ制御時の処理速度などの 不満を一挙解消

FPU(浮動小数点演算ユニット)により、演算性能・コード効率・ソースコードのメンテナンス性が大幅向上

  • モータ制御をより高精度化でき、処理時間を大幅削減(図1)
  • コードサイズの削減効果もあり、より小さいROM容量で動作(図1)
  • 固定小数点演算時の煩わしいスケーリングから解放(図2)
    ソースコードの可続性・メンテナンス性が向上、開発期間を大幅短縮

Figure 1. Comparison of number of cycles and code size with and without FPU

図1 FPU搭載による実行サイクル性能・コードサイズ比較

※ 当社比 (当社モータ制御ソフトにてFPU使用有/無で比較)

Figure 2. Built-in FPU makes scaling unnecessary

図2 FPU搭載によるスケーリング不要の効果

1モータ制御用途向け「RX23T」から性能と機能を2倍に強化、複数モータ制御を1チップで実現

  • CPU最大動作周波数2倍 40MHz⇒80MHz
    組込み業界トップクラスの周波数あたりの演算性能と合わせ、最大160DMIPS・340 Coremark
  • ROM容量2倍 128KB⇒256KB
  • モータ制御周辺機能(タイマ、A/Dコンバータ、アナログ回路)を2倍以上に増強
    複数のブラシレスDCモータの高効率制御に対応
特長 2: たった1日でセンサレスベクトル制御を 始められる開発環境

開発に必要なものが詰め込まれた「24Vモータ制御評価キット」等で、高効率モータが即動く

  • 「24Vモータ制御評価キット」は、24Vインバータ評価ボード、RX23T搭載CPUカード(RX24T搭載CPUカードは別売)、ブラシレスDCモータのキット(写真1)
  • CPUカードは「RX23T」、「RX24T」搭載のカードをそれぞれ用意(写真2、写真3)
  • センサレスベクトル制御ドライバソフト、サンプルプログラム、その他開発環境は、WEBよりダウンロード可能

写真1)24Vモータ制御評価キット 
(RX23T搭載CPUカードを同梱)

写真1)24Vモータ制御評価キット (RX23T搭載CPUカードを同梱)

写真2)RX23T搭載CPUカード

写真2)RX23T搭載CPUカード


写真3)RX24T搭載CPUカード

写真3)RX24T搭載CPUカード

「RAM変数波形表示ツールICS(In-Circuit Scope)」で、デバッグ効率向上・安全性の確保に貢献

  • モータを回しながらプログラム内部の変数を波形表示、制御挙動をグラフィカルに確認可能
  • 内部変数の波形表示により、デバッグ効率が向上するだけでなく、異常な挙動を検出し易くなり、近年必要性が増している安全性の確保をバックアップ

図3 波形表示ツールICS(In-Circuit Scope)

図3 波形表示ツールICS(In-Circuit Scope)

複数モータの高効率制御に最適な『RX24T』の詳細はこちらから!
進化したFPUがモータ制御にもたらす効果をホワイトペーパーで是非ご確認ください

IoTエッジデバイスの自律したセキュリティを実現するRX231セキュリティソリューション

My Renesas にご登録頂けますと、「RX24T」のホワイトペーパーをダウンロード頂けます。また、引き続き最新情報をお送りいたします。

「My Renesas」の新規登録