IoTエッジデバイスの自律したセキュリティを実現する RX231セキュリティソリューション

イチオシ製品紹介

IoT時代のセキュリティ

情報端末はもとより、家電・産業機器など、あらゆるデバイスがネットワークにつながるIoT (Internet of Things) 時代。 ネットワーク接続されたエッジデバイスでは、それによるメリット享受と同時に、外部からの不正アクセスによる脅威にさらされることになります。

脅威からエッジデバイス周辺のシステムと知的財産や個人情報を守るためには、エッジデバイス自身で自律して脅威を防ぐ高いセキュリティが求められます。この要求を満たすためには、高度なセキュリティ機能を持ったデバイスと、高度な専門知識が必要でした。

RX231 Security Solution

この課題を解決したのが、RX231のセキュリティソリューションです。

  • RX231は、汎用マイコンでありながら、非常に強力なセキュリティを確保できるトラステッドセキュアIPを搭載(特長1)しています。
  • RX231通信セキュリティ評価キットにより、未経験者でも容易に導入可能(特長2)となります。
特長 1:トラステッドセキュアIP

リバースエンジニアリング・盗聴・ウィルス侵入といった脅威に対して、強固な鍵管理・暗号通信・改ざん検出機能で高いセキュリティ機能を確保

図1 IoT時代の脅威とRX231のセキュリティ

図1 IoT時代の脅威とRX231のセキュリティ

暗号鍵はチップ固有の「ユニークID」と紐づいた解読不可の「鍵生成情報」として保存、 出荷後には暗号鍵をトラステッドセキュアIPの外に一切出さない強固な鍵管理(暗号鍵は流出するとセキュリティが完全に破綻してしまう、極めて重要なもの)

図2 トラステッドセキュアIPによる強固な鍵管理

図2 トラステッドセキュアIPによる強固な鍵管理

AESに対応した「暗号エンジン」で暗号通信に対応AESの暗号利用モードとして、ECB、CBC、GCM、認証・改ざん検出に使用されるCMAC、CCM等をサポート。

「セキュアファームウェアアップデート」と「セキュアブート」のトラステッドセキュアIPを用いたソフトウェアにより、WiFi・USB等の通信経由によるプログラムの改ざんを検出し、不正なプログラムへ更新・実行される脅威を防止

※(2)・(3)の詳細は、本ページ下部の「トラステッドセキュアIP紹介資料」をご確認ください。

特長 2:容易に導入可能

RX231通信セキュリティ評価キットで、未経験者でも強固なセキュリティを短期間で容易に導入可能

図3 RX231通信セキュリティ評価キット利用時の導入期間の例

図3 RX231通信セキュリティ評価キット利用時の導入期間の例

トラステッドセキュアIPの詳細はこちらから!
改ざんを検出するセキュアファームウェアアップデートの仕組みもご確認いただけます。

Details on trusted secure IP

My Renesas にご登録頂けますと、「トラステッドセキュアIP」の詳細資料をダウンロード頂けます。また、引き続き最新情報をお送りいたします。