長距離・高速通信を実現! RS-485トランシーバのチュートリアルのご紹介

資料ダウンロード

RS-485およびRS-422は、主に産業用途で使われる有線通信規格です。 差動信号を使用して、ノイズの多い産業用ならびに工業用ファクトリーオートメーション環境においても長距離かつ高速なデータ伝送を可能にします。

このチュートリアルでは、適切なトランシーバの選択に役立つように、設計上の主な考慮事項について説明しています。はじめに、最も標準的なRS-485 ICの概要を紹介し、静電気放電(ESD)保護機能、人体モデル(HBM)規格とIEC61000-4-2(IEC)規格、過電圧保護(OVP)について確認していきます。最後に、データ・スキューがクリティカルになる非常に高速なトランシーバ(25Mbps以上)について簡単に説明します。

RS-485トランシーバのチュートリアルのご紹介