センサ省電力化で工場/プラントの保守コストを削減

資料ダウンロード

工場やプラントで稼働する環境センサの保守コストを抑えたい場合、センサシステムの省電力化が必要になります。ここでは、マイコンのスタンバイ機能を利用してセンサシステムの消費電力を削減する方法を説明します。具体的には、センサの測定頻度を減らし、システムの待機状態をできるだけ長くします。さらに、待機状態のまま異常を検知できる仕組みを取り入れます。

ルネサス エレクトロニクスの16 ビット・マイコン「RL78/G11」は、スタンバイ状態でも動作可能な周辺機能を多数備えています。この機能を組み合わせて、待機時の異常検知やアラーム出力を実現します。

センサ省電力化で工場/プラントの保守コストを削減