Embedded Trust 、C-Trustを用いたRXマイコンのセキュアな開発環境

セキュリティはデバイスがインターネットに接続する際に避けられないリスク要素になります。産業IoTにおいては、外部からの脅威およびシステム脆弱性は、結果として重大もしくは高リスクな状況をもたらすことになります。そのため、この領域における組込みアプリケーションはセキュリティと信頼性において強力な機能を必要とします。

IoTエンドポイントを強固に守るRXマイコンセキュリティ

ルネサスRXマイコンは、AES、3DES、SHA、RSA用暗号ライブラリ、コプロセッサドライバ、Trusted Secure IPなど、各種セキュリティ機能を有しており、IoTエンドポイントに強固なセキュリティ機能を提供します。

ルネサスのTrusted Secure IPを含む強固なセキュリティソリューションはこちら

ルネサスの豊富な暗号ライブラリはこちら

Embedded TrustとC-Trustを使用してセキュアな開発環境を実現

SECURE THINGZのEmbedded Trustは、IAR Embedded Workbenchのワークフローにシームレスに統合されており開発フェーズから市場展開フェーズに渡るソフトウェアの信頼性を実現します。
また、C-Trustは、IAR Embedded Workbenchの拡張機能で、開発者が開発フローの一部としてセキュリティ開発を進めることが出来ます。C-TrustはIAR Embedded Workbenchの機能を拡張して、Embedded Trustユーザーが作成したセキュリティ・コンテキストに基づいて、または事前定義されたセキュリティ・コンテキスト・フレームワークを使用して、セキュアなマスタリングを可能にします。

Embedded Trust/C-Trustの特徴

  • Embedded Trust はルネサスRXをサポート
  • IDと証明書管理を統合
  • セキュアブートマネージャの実装
  • 不正製造の防止による知的財産の保護
  • 製造工程でセキュアな環境を提供
  • バージョン管理およびアップデート基盤によって可能になるリリース・マネジメント

ソフトウェア開発ワークフロー

Embedded Trust/C-Trustの機能

Embedded Trustユーザは、以下を定義するセキュリティコンテキストを作成 (またはインポート)

  • 鍵 (鍵の種類と用途)
  • 証明書 (コンテンツ等)
  • 鍵と証明書の階層

C-Trustを使用するIAR Embedded Workbenchユーザーは、Embedded Trustユーザーが作成したセキュリティ・コンテキスト・フレームワークをインポートし、以下を実現

  • 正しいセキュリティ設定と暗号化設定の自動的な追加
  • アプリケーション機能の開発に集中可能

ユーザは、Embedded Trust/C-Trustを使って、セキュリティ開発を容易に行えます。

Embedded Trustおよび C-Trustは、ルネサスのRXシリーズに対応しています。

Embededd Trust および C-Trustの詳しい情報は、こちら。

IAR Security Solutions

SECURE THINGZ Embedded Trust