Renesas Synergy™ プラットフォームをすばやく評価し、プロジェクトに適したRenesas Synergy™ キットでアプリケーション開発を開始します。スタータキット、プロモーションキット、さまざまなターゲットボード、もしくはRenesas Synergy™ マイクロコントローラの主要な機能へのアクセスを必要とするような複雑なプロジェクトに対応したディベロップメントキットの中から選択します。Renesas Synergy™ アプリケーションプロジェクトは、すべてのキットに提供されています。

AE-Cloud2 Kit

AE-CLOUD2

AE-CLOUD2により、セルラー接続を容易に評価することができるので、ユーザはLPWA(Low Power Wide Area)セルラーでのIoTアプリケーションの早期構築が可能となります。AE-CLOUD2には、Renesas Synergy™ S5D9マイクロコントローラ搭載のベースボードと照明、マイク、気温、湿度、気圧、大気質、地磁気、加速度、およびジャイロスコープなどの様々なセンサが搭載されています。

「Synergy Software Package(SSP)」v1.5.0と組み合わせて使用することで、IoTセンサデバイスのエンタープライズクラウドサービスへの接続を、4G/LTE Cat-M1およびCat-NB1(NB-IoT)を用いて簡素化することができます。

詳細を見る

SK-S7G2 Starter Kit

SK-S7G2スタータキット

S7G2 MCUグループの主要な機能へアクセスして、Renesas Synergy™ プラットフォームを評価します。2.4インチQVGA静電容量式タッチTFTディスプレイと付属のGUIX Studio™ソフトウェアツールを使用して、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)デザインを描画します。Renesas Synergy™ アプリケーションプロジェクトを体験し、イーサネット、USB、BLE(Bluetooth® low energy)やCANなどの接続オプションを使用します。Pmod™コネクタおよびArduino™ Unoシールドソケットに既存デバイスまたはカスタムデバイスを追加し、J-Link® OBオンボードデバッガを使用してデバッグを行います。

詳細を見る

PK-S5D9 Starter Kit

PK-S5D9プロモーションキット

S5D9 MCUグループの主要な機能にアクセスしてRenesas Synergy™ プラットフォームを評価します。2.4インチQVGA静電容量式タッチTFTディスプレイと付属のGUIX Studio™ソフトウェアツールを使用して、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)デザインを描画します。Renesas Synergy™ アプリケーションプロジェクトを体験して、イーサネット、USB、BLE(Bluetooth® low energy)およびCANなどの接続オプションを使用します。Pmod™コネクタやArduino™ Unoシールドソケットに既存デバイスまたはカスタムデバイスを追加し、J-Link® OBオンボードデバッガを使用してコードのデバッグを行います。

詳細を見る

ターゲットボード

コンパクトなキットです。マイクロコントローラのすべての端子へアクセスして、Renesas Synergy™ プラットフォームを評価できます。拡張コネクタまたはPmod™コネクタに拡張ボードやPmod™を取り付けるだけでマイクロコントローラの機能に接続でき、それらを有効化できます。USBデバイスへのアクセス、静電容量式タッチ検出ユニット(CTSU)のアプリケーション開発、マイクロコントローラの消費電流測定やJ-Link® OBオンボードデバッガを使用したデバッグなどは、マイクロコントローラの主要な機能を使わずに、端子に直接アクセスが可能です。

 

ソリューションキット

Application Example(AE)キットおよびProduct Example(PE)キットは、Renesas Synergy™ プラットフォームをHMI、グラフィックス、クラウド接続性など具体的なアプリケーションのソリューション例です。
 

開発キット

 

総合的なキットです。マイクロコントローラのすべての端子へアクセスして、Renesas Synergy™ プラットフォームを評価できます。特定の機能(例:グラフィックス)を簡単に評価するための回路やコネクタが準備されています。サードパーティ製ボード、既存ボードやカスタム多機能ボードに対応したPmod™コネクタを利用することで試作を加速できます。バス接続(イーサネット、USB、CAN、RS-232、RS-485)やモジュール構造を利用することで、追加周辺機器にアクセスが可能です。