ルネサスの耐放射線デジタルアイソレータは、CAN、SPI、RS-422、およびRS-485アプリケーションなどの独立電源設計や独立シリアル通信インタフェース用に設計されています。これらの耐放射線アイソレータは、航空宇宙市場向けの分離機能を提供し、85°Cの条件下で最大600VRMSを実現します。電気的特性は、-55°C~+125°Cの動作温度範囲で示されます。これらの製品は、イオン化線量合計(TID)に対して最大30krad(Si)の耐放射線性能を実現します。ISL71610MおよびISL71710Mはいずれも、SEEに対して最大LET 43MeV•cm2/mgを実現します。