概要

ルネサスのデジタルアイソレータは、独立した絶縁型電源設計、および絶縁型シリアル通信インタフェースの設計を支援します。衛星市場では、高信頼性のアイソレータ製品に、非常に高いニーズがあります。このアイソレータとは、耐放射線アプリケーションに使用できる最高のデータレートのアイソレータを意味します。その絶縁障壁は、巨大磁気抵抗(GMR)テクノロジを使用して構築され、優れた絶縁性と耐放射線性を、少ない動的電力消費量で実現します。トランスベースのアイソレータ技術とは異なり、EMIの懸念はありません。さらに、GMRフォトカプラベースのアイソレータよりも優れています。フォトカプラの光学系は、放射線が原因で時間の経過とともに「劣化」したり曇ったりしやすいからです。 ISL71610Mおよび ISL71710Mは、お客様に航空宇宙市場向けの分離機能を提供し、85°Cの条件下で最大600VRMSを実現します。電気的特性は、-55°C~+125°Cの温度範囲で示されます。これらの製品は、イオン化線量合計(TID)に対して最大30krad(Si)の放射線性能を実現します。ISL71610MおよびISL71710Mはいずれも、SEEに対して最大LET 43MeV•cm2/mgを実現します。

主な機能

  • 絶縁障壁は、巨大磁気抵抗(GMR)テクノロジを使用して構築されています
  • 優れた放射線性能を(特にシングルイベント効果(SEE)に対して)実現します
  • このテクノロジは周波数マッチング変圧器を使用せず、結果としてEMIが低くなります
  • さらに高いスループットを実現し、航空宇宙業界で最高速のデータレートを実現します
  • 低線量率(TID)およびSEL/SEBに対し、完全な耐放射線特性を実現しています
  • ISL71610Mは最大100Mbps、およびISL71710Mは最大150Mbpsで動作可能です